トヨタとBMWのスポーツカー向けプラットフォーム開発が本格始動へ


トヨタとBMWのスポーツカー向けプラットフォーム開発が本格始動へ
BMW Z4(画像:BMW Z4のプレスリリースより)

トヨタとBMWが共同開発が本格始動へ。

2012年にプラットフォームの共有などを含めた共同開発について提携などを発表していたBMWとトヨタ自動車ですが、先月12月30日にスポーツカー向けの共通したプラットフォームでのモデル開発について合意したという報道がありました。

昨年の1月には自動車向けの次世代電池についての開発で協力することが発表されており、その際、2013年度内にスポーツカーの販売台数調査などが完了するとアナウンスされていましたので、今回の発表は現実的に同一プラットフォームのスポーツカーの開発が本格的に始動することを意味するものだと思われます。


次期Z4?新型スープラ?国内外で噂されるトヨタとBMWの次世代スポーツカー。


BMWとトヨタの共同開発モデルとなる新型スポーツカーについては、プラットフォームのみが共有となり、外観についてはVWやFIATのように提携する各社独自のオリジナルモデルとなるのではないかと言われております。
トヨタとBMWのスポーツカー向けプラットフォーム開発が本格始動へ
レクサスLFAの後継モデルとの噂も。(画像;LEXUS LFAのプレスリリースより)

海外メディアやBMWのファンサイトなどでは現行BMWの中型スポーツカーとなるZ4の次世代モデルやトヨタが86に続きリリースするのではないかと噂されている次世代スープラ、またはレクサスLFAの後継モデルが該当車種となるのではなど、ワクワクするような不確定情報が飛び交っていますので今後の動向に注目です。
トヨタとBMWのスポーツカー向けプラットフォーム開発が本格始動へ トヨタとBMWのスポーツカー向けプラットフォーム開発が本格始動へ Reviewed by hossy on 02 1月 Rating: 5
Powered by Blogger.