スポンサーリンク
2014年2月18日火曜日

トヨタが「スープラ」の名前を米国で商標登録。新型スポーツカーとして再び登場?

新型スープラ?トヨタが米国でスープラを商標登録
次期スープラのベースデザイン?と噂されるトヨタFT-1コンセプトのデザインスケッチ。
(公式プレスイメージより)

「スープラ」の名前をトヨタが米国で商標登録。

トヨタ自動車が米国で「スープラ」の名称を商標登録していることが米国特許商標庁が開示している情報から判明したと国内外の複数のメディアが伝えています。

本来であれば今年2014年の1月で商標登録切れとなっていたスープラの名称ですが、今回、トヨタ自動車があらためて商標登録したことになり、これが現在開発中と噂されている新型スポーツカーの名称として使用されることになるのではないかと噂されています。

「FT-1コンセプト」が原型に?次期新型スポーツカーは「スープラ」を名乗るのか?

新型スープラ?トヨタが米国でスープラを商標登録
次期スープラのベースデザイン?と噂されるトヨタFT-1コンセプトのデザインスケッチ。
(公式プレスイメージより)
スープラといえば、トヨタ自動車が1978年から2002年まで製造していたスポーツカーで、2代目モデルでは3.0リットル直6ツインターボエンジンを搭載し、最高出力280PSというトヨタのスポーツカーでのフラッグシップモデルでしたが、排出ガス規制などに対応出来ず、2002年8月に生産が終了されて以降、再登場することがありませんでした。

新型スープラ?トヨタが米国でスープラを商標登録
以前生産されていたスープラ。(公式プレスイメージより)

しかし、近年、トヨタ自動車のスポーツカー路線への回帰的な動きなどもあり、先にリリースされた86に続き、その上にあたるフラッグシップとして次期スープラ登場の噂は現実味を帯びて来ていた中での商標の取得となり、実際のところは使用目的なのか、単に名称の保持が目的なのかは不明ながら、先日公開されたコンセプトカー「FT-1コンセプト」ベースの新型スポーツカーが登場することへの待望論は加熱しているようです。


次期スープラ?トヨタの新型スポーツカーについての噂も続々。

新型スープラ?トヨタが米国でスープラを商標登録
次期スープラのベースデザイン?と噂されるトヨタFT-1コンセプトのデザインスケッチ。
(公式プレスイメージより)

以前にも、トヨタとBMWのスポーツカー向けプラットフォーム開発が本格始動という記事を掲載しましたが、実際に新型のスポーツカーの企画自体は動いていることは間違い無さそうで、ちなみに、海外メディアなどでは既に400馬力の2.5リッターV6ターボエンジンを搭載するのでは?とか、ハイブリッドテクノロジーを取り入れるのでは?とか、2016年にデビュー?とかのような嘘か本当か分からない、未確認で不確定な噂も出ているようですが、実際、それだけ期待が大きいということで個人的にも、例えこの噂されている新型スポーツカーが「スープラ」という名称を名乗らなかったとしても、今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。