スポンサーリンク
2014年3月4日火曜日

アップルがiOSの自動車向け新機能「CarPlay」を発表

Apple CarPlay
アップルが発表した自動車向けの新機能「CarPlay」(画像:Apple公式プレスリリースより)

「Apple CarPlay」でついに始まったアップル「iOS」と自動車の連携。


アップルはiPhoneなどに搭載されているiOSの自動車向けの新機能となる「Apple CarPlay」を正式に発表しました。

今回発表された「CarPlay」では各種自動車メーカーの対応車種のハンドルに搭載されたボタンで「Siri」を起動することが可能になるほか、iOSの地図によるナビゲーション、「Siri」による受信メールなどのメッセージの読み上げ、さらに音声認識を利用したメッセージの返信など様々な動作を自動車から直接行うことが可能になります。


「CarPlay」の対応車はスズキからフェラーリまで。

Apple CarPlay
iOSのマップを使用したナビゲーションシステム(画像:Apple公式プレスリリースより)

ジュネーブモーターショーにて「CarPlay」への対応車が発表される予定の自動車メーカーは「フェラーリ」「メルセデスベンツ」「ボルボ」となっているようで、その後も多数の世界的自動車メーカーが「CarPlay」に対応していくとのこと。

以下は「CarPlay」への対応を発表している自動車メーカーです↓

Apple CarPlay
対応する自動車会社のラインアップ。(画像:Apple米国公式サイトより引用)

近日中に発表する自動車メーカー↓
「フェラーリ」「メルセデスベンツ」「ボルボ」

今後発表していく予定の自動車メーカー↓
本田技研、三菱自動車、日産自動車、富士重工業、スズキ、トヨタ、BMWグループ、フォード、ゼネラルモーターズ、現代自動車、ジャガー・ランドローバー、起亜自動車、PSA・プジョーシトロエンなど。


「CarPlay」はおそらく上記のメーカーの今年販売される一部の自動車で利用が可能になるようで、iOS7のアップデートとして提供され、iPhone 5s、iPhone 5cそしてiPhone5を含む「Lightningケーブル」対応のiPhoneで使うことが出来るようになるとのこと。

この中に「アウディ」や「マツダ」「ランボルギーニ」などの名前が無いという部分も気になります。

自動車向けのOSはアップルだけでなくGoogleも開発しており、「Android」OSを採用した「Audi Smart Display」を披露したアウディなどはGoogle派閥?といった感じになるのでしょうか?

自動車との連携が加速するOSやウェブサービスの今後。

Apple CarPlay
「Apple CarPlay」を使用して電話をするとこのような感じらしい。
(画像:Apple米国公式サイトより引用)

もともと、ハイテクとエンタメと自動車は相性がいいのだと個人的には考えていましたが、現時点でもカーナビなどとある程度の連携が出来ていたりするので、常識を覆すレベルでのOSとの連携というカタチになっていくのかは正直よく分かりませんが、一部を除くと今までウェブと隔離されていた車載のシステムがiOSと連携することにより今後どのような新しいサービスが生まれてくるのかにも注目したいと思います。

Apple CarPlay
iTunes関連のサービスにも対応(画像:Apple公式プレスリリースより)

また、これらのOS主体のシステムが自動車自体に導入されていくことが確実になったことで、既存のマルチメディアシステムなどを手掛けるメーカーが「独自システム」なのか「OSをベースにした製品」になっていくのかのように、今後どのような方向に舵を切っていくのかも気になるところです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。