スポンサーリンク
2014年7月12日土曜日

メルセデスベンツの「新型Cクラス」が日本上陸!発売価格は419万円から

メルセデスベンツの「新型Cクラス」が日本上陸!発売価格は419万円から
メルセデスベンツの新型Cクラスが日本発売!(画像は海外仕様車のプレスイメージとなります。)

メルセデスベンツ新型Cクラスが日本上陸。


昨年発表されたメルセデスベンツの新型Cクラスがついに日本上陸です!

7年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型Cクラスは、ボディサイズの拡張やインテリアの質感の向上、上位モデルに投入されている最新システムも装備されるなど、エレガントかつスポーティなモデルに仕上がっており、発売当初から話題となっていましたが、ついに日本での発売が発表されました。


メルセデスベンツ「新型Cクラス」の日本での価格とグレードも発表。

メルセデスベンツの「新型Cクラス」が日本上陸!発売価格は419万円から
メルセデスベンツの新型Cクラスの日本での価格も発表(画像は海外仕様車のプレスイメージとなります。)

7月11日から発売が開始されたメルセデスベンツの「新型Cクラス」。
日本市場向けには排気量や方向性の違う4種類のグレードが用意され、それぞれの価格も発表されました。

日本市場向けに用意されたのは以下の4種類となります。

メルセデスベンツの「新型Cクラス」が日本上陸!発売価格は419万円から
日本導入される新型Cクラスのスペックとグレード(画像は海外仕様車のプレスイメージとなります。)

メルセデスベンツCクラス「C180」
1.6リットル直4直噴ターボエンジン搭載。419万円(税込み)

メルセデスベンツCクラス「C180アバンギャルド」
1.6リットル直4直噴ターボエンジン搭載。467万円(税込み)

メルセデスベンツCクラス「C200アバンギャルド」
2.0リットル直4直噴ターボエンジン搭載。524万円(税込み)

メルセデスベンツCクラス「C200スポーツ」
2.0リットル直4直噴ターボエンジン搭載。644万円(税込み)



以前ご紹介した際(発表時)に公開されていたエクスクルーシブラインと呼ばれるデザインのモデルは、報道資料や国内向けのウェブサイトを見る限り、日本市場向けには導入されないようです。

軽量化&空力が向上した新型メルセデスベンツCクラスの燃費は最大で17.3km/lに!

メルセデスベンツの「新型Cクラス」が日本上陸!発売価格は419万円から
新型Cクラスの燃費は軽量化により最大17.3km/lに!(画像は海外仕様車のプレスイメージとなります。)

「アジリティ&インテリジェンス」をコンセプトに素材選びから設計、製造工程に至るまであらゆる部分にメルセデスベンツの最先端技術を投入することで大きな進化を遂げたという新型のCクラスでは、アルミニウムを多用したボディによる軽量化の実現や車両の空力を最適化したことにより、最大で17.3km/lという低燃費を実現しています。

メルセデスベンツの「新型Cクラス」が日本上陸!発売価格は419万円から
アルミニウムを多用したボディ構造(画像は海外仕様車のプレスイメージとなります。)
メルセデスベンツの「新型Cクラス」が日本上陸!発売価格は419万円から
騒音や振動への対策も強化されているとのこと。(画像は海外仕様車のプレスイメージとなります。)

この数値は先代モデルのC180アバンギャルドとの比較となりますが、走りの部分は犠牲にすることなく30%の向上が実現されているほか、このほかにも騒音や振動など運転する上で気になる部分にも手が加えられて最適されてているとのことなので、ドライブが好きな人や運転頻度、時間の多いドライバーにとってはかなり嬉しい改善だと思われます。

安全性を提供する運転支援システム「インテリジェントドライブ」を搭載。

メルセデスベンツの「新型Cクラス」が日本上陸!発売価格は419万円から
新型Cクラスには最先端の運転支援システムも多数搭載(画像は海外仕様車のプレスイメージとなります。)

今回の新型Cクラスに追加されたもので特徴的なのは、メルセデスベンツのSクラスで導入されている最新の技術の多くが採用されている点でもあり、安全運転支援システムとして「インテリジェントドライブ」という様々な機能を総合して快適性と安全性が高められているとのこと。

メルセデスベンツの「新型Cクラス」が日本上陸!発売価格は419万円から
「インテリジェントドライブ」の機能の一部(画像は海外仕様車のプレスイメージとなります。)
メルセデスベンツの「新型Cクラス」が日本上陸!発売価格は419万円から
「インテリジェントドライブ」の機能の一部(画像は海外仕様車のプレスイメージとなります。)

この「インテリジェントドライブ」の中には、カメラにより車線と先行車両を認識して車間を維持しながらステアリング操作をアシストする「ディストロニック・プラス」やハイビームを制御して対向車に眩しくないようにしながら最大の視界を確保するという「アダプティブハイビームアシスト・プラス」、歩行者や車との衝突の回避をサポートする「BASプラス」や「PRE-SAFE®ブレーキ」、「リアCPA」など、様々な機能により安全性を高めているそうです。

新型Cクラスの詳細は発表時に掲載した記事にて確認出来ます。

メルセデスベンツの「新型Cクラス」が日本上陸!発売価格は419万円から
新型Cクラスについては以前に掲載した記事より詳細を確認していただけます。
(画像は海外仕様車のプレスイメージとなります。)

当サイトでは、今回日本で発売された新型Cクラスが昨年12月に正式発表された際に詳細な写真やスペックなどをご紹介した記事を掲載しております。

新型Cクラスのグレードの違いや内装の詳細については大量の写真付きで記載していますので、海外向け仕様のモデルではありますがもしご興味があればご覧下さい。

メルセデスベンツが新型Cクラスを発表
http://www.idea-webtools.com/2013/12/Mercedes-Benz-C-Class-2014-new.html
※新たに写真を追加しております。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。