スポンサーリンク
2014年9月25日木曜日

「アウディTTロードスター」の新型モデルが登場

新型「アウディTTロードスター」2015年モデル
新型「アウディTTロードスター」2015年モデル(画像:プレスイメージより)

新型の「アウディTTロードスター」を発表。


アウディは、10月に開催されるパリモーターショーで公開する第3世代となる新型の「TTロードスター」及び「TTSロードスター」の公開に先駆け、概要や画像などを発表しました。

今回発表された新型の「アウディTTロードスター」は、先に発表されている「アウディTT」のクーペモデルをベースにしたオープンカーとなっており、10秒程度で開閉するルーフを備えたモデルとなっています。


軽量化されたソフトトップを搭載した新型「アウディTTロードスター」

新型「アウディTTロードスター」2015年モデル
新型「アウディTTロードスター」2015年モデル(画像:プレスイメージより)

2014年の3月に開催されたジュネーブモーターショーで発表された新型の「アウディTT」をベースにした新しい「TTロードスター」には、ソフトトップがアルミニウム、スチール、プラスチックなどで構成されたものが採用されており、これによりソフトトップ単体での重量は現行(2世代)に比べると3kgも軽量化されているようです。

新型「アウディTTロードスター」2015年モデル
新型「アウディTTロードスター」2015年モデル(画像:プレスイメージより)

また、ソフトトップの開閉は最高で50km/h程度の速度での走行時まで行うことも可能で、速い速度でなければ、雨などの急な天候の変化が起こった場合でも走行しながら10秒程度で開閉出来るシステムとなっています。

「アウディTTSロードスター」も登場。新型TTロードスターのスペック。

新型「アウディTTSロードスター」2015年モデル
新型「アウディTTSロードスター」2015年モデル(画像:プレスイメージより)

新型の「アウディTTロードスター」は、ディーゼルとガソリンのモデルが用意され、燃費性能の高いディーゼルモデルの「TTロードスター2.0TDI」は、184ps、38.7kg-mの2.0リットルエンジンを搭載し、ガソリンモデルの「TTロードスター2.0TFSI」には230ps、37.4kg-mの2.0 TFSIが設定されています。

また、新型の「アウディTTロードスター」には、通常モデルだけでなくさらに高性能な仕様の「アウディTTSロードスター」も同時に出展されることが発表されており、こちらのモデルは、310ps、38.7kg-mの2.0 TFSIガソリンエンジンが搭載されるとのこと。

ちなみに加速やトップスピードに関しては、高性能なTTSロードスターの0-100km/hの加速が4.9秒で最高速度が250km/hと公表されておりディーゼルや通常モデルに比べてスポーティな仕様となっています。

「アウディTTロードスター」の画像。


ワールドプレミアに先駆けてアウディが公開した「アウディTTロードスター」及び「アウディTTSロードスター」のオフィシャル画像は以下よりご覧いただけます。
新型「アウディTTロードスター」のオフィシャル画像

新型「アウディTTロードスター」の発売時期は?

新型「アウディTTロードスター」2015年モデル
新型「アウディTTロードスター」2015年モデル(画像:プレスイメージより)

発表されたばかりとなる「アウディTTSロードスター」の新型モデル。ドイツではTTロードスターが10月に発売され、その後来年となる2015年に高性能なTTSが投入される予定となっていますが、今の段階では日本での発売や導入、価格などについては今のところ未定です。

日本市場への導入時には新たにアナウンスがあると思いますので、新しい情報が公開されましたら追記でお知らせする予定です。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。