スポンサーリンク
2014年9月27日土曜日

「マクラーレン625C」を発表。アジア向けのデチューンモデルとして登場

マクラーレン625C
アジアマーケット向けのスポーツカー「マクラーレン625C」を発表。(画像:プレスイメージより)

「マクラーレン625C」が登場。アジア向けモデルに。


マクラーレンは、同社の高性能モデル「650S」の性能を抑えたデチューン仕様のスポーツカー「マクラーレン625C」を発表しました。

「マクラーレン625C」は上位モデルの650Sと同様のエンジンを搭載しながらも、最高出力が名前にある通り「625PS」へダウンされており、クーペとスパイダーの2モデルが今後アジア市場向けに展開されることになります。


日常での快適性もアップした「マクラーレン625C」

マクラーレン625C
「マクラーレン625C」は650Sをデチューンした仕様に。(画像:プレスイメージより)

今回発表された「マクラーレン625C」は、見た目はそのまま「650S」のスタイルが採用されているほか、基本的にはエンジンも同様の3.8リットルV8エンジンが搭載されていますが、625Cでは最高出力が625PSに、トルクが62.2kg-mへとデチューンされたエントリー的な仕様となっています。

上位モデルの「S」と新たなモデルの名前に付いている「C」が名前も位置づけも若干AppleのiPhoneシリーズと似ていますが、Sはスポーツで、CはクラブのCとのこと。

マクラーレン625C
「マクラーレン625C」はクーペとスパイダーの両方を用意。(画像:プレスイメージより)

「マクラーレン625C」は650Sよりも下位にラインアップされるモデルとなっているものの、0-100km/hの加速はクーペ、スパイダーともに3.1秒、クーペの0-200km/hまでは8.8秒、最高速度は333km/hという、十分過ぎる程のパワーを持ったモデルとなっているほか、街乗りなどの日常での使い勝手を考慮し、サスペンションなどの調整が行われたことで洗練された快適な乗り心地も実現されているようです。



「マクラーレン625C」はまずは香港で発売され、その後、アジア太平洋地域での販売市場を発表するようですが、この中に日本は入っているのでしょうか?

関連記事:「マクラーレン650S」の最新関連ニュース
マクラーレン570Sを正式発表。エントリークラスの新型スポーツカーに。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。