スポンサーリンク
2014年11月16日日曜日

BMWから「M3」と「M4」をさらにスポーティにする「Mパフォーマンスパーツ」が登場

新型 BMW M3セダン M4 Mパフォーマンスパーツ
BMW M3とM4専用の新しいMパフォーマンスパーツが登場。(画像:プレスイメージより)

「BMW M3/M4」向けのMパフォーマンスパーツが登場。


BMWは、同社の高性能モデルとしてラインアップされている「M3」及び「M4」向けのMパフォーマンスパーツを発表しました。

今回発表されたMパフォーマンスパーツでは、視覚的なアップデートだけでなく、性能面まで考えられたものとなっており、カーボンファイバー製のフロントバンパーやリアディフューザーのほか、搭載された直列6気筒エンジンのパフォーマンス特性を強調するとともに豊かなエンジンサウンドを作り出すのに最適化された新しいサイレンサーなども追加されているとのこと。


「BMW M3/M4」をカーボンファイバーなどを多用したスポーティな外観に。

新型 BMW M3セダン M4 Mパフォーマンスパーツ
カーボンファイバーなどを多用しよりスポーティな外観に進化。(画像:プレスイメージより)

新たに発表されたM3、M4向けの「Mパフォーマンスパーツ」では、上記のアイテムのほかにカーボンファイバー製のリアスポイラーやMモデル用のカーボン製ミラーカバーなども用意され、この他にもラップタイムの表示や時間などが可能なMパフォーマンスステアリングホイールも選択することが出来るようです。

新型 BMW M3セダン M4 Mパフォーマンスパーツ
Mパフォーマンスパーツ装着車のBMW M4(画像:プレスイメージより)
新型 BMW M3セダン M4 Mパフォーマンスパーツ
Mパフォーマンスパーツ装着車のBMW M4(画像:プレスイメージより)

新しいBMW M3、M4向けの「Mパフォーマンスパーツ」は、現行のBMW M3、M4、M4コンバーチブルが対応車種となっており、今月末から12月中旬までドイツにて開催される予定のエッセンモーターショーにて初公開されることになっていますが、日本向けの導入については今のところ不明です。

新型 BMW M3セダン M4 Mパフォーマンスパーツ
インテリアにはカーボンファイバーのほか、アルカンタラも多用されています。
ステアリングホイールはディスプレイ付きのものとなっています。(画像:プレスイメージより)
新型 BMW M3セダン M4 Mパフォーマンスパーツ
リアスポイラーもカーボン製。(画像:プレスイメージより)
新型 BMW M3セダン M4 Mパフォーマンスパーツ
(画像:プレスイメージより)
新型 BMW M3セダン M4 Mパフォーマンスパーツ
ミラーカバーはMモデルのデザインのものとなっています。(画像:プレスイメージより)
新型 BMW M3セダン M4 Mパフォーマンスパーツ
こんなところもカーボンファイバー。(画像:プレスイメージより)
新型 BMW M3セダン M4 Mパフォーマンスパーツ
恐らくホイールなども様々なものが選択出来ると思いますが、純正品はかなり高額です。
(画像:プレスイメージより)

カーボンファイバーやアルカンタラを多用した内外装に加え、Mパフォーマンスステアリングホイールなども高額なもの(Mモデルと同じものかは分かりませんが、日本向けの4シリーズ用でディスプレイ付きステアリングホイールだけで30万近くしています)なので、ホイールなども含めてフル装備するとちょっとしたクルマが買えてしまう価格になりそうな気がしますね。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。