スポンサーリンク
2014年11月29日土曜日

中国の富裕層向け?マンソリーがカスタムした「ロールスロイス・ゴースト」が奇抜すぎる

中国の富裕層向け?マンソリーがカスタムした「ロールスロイス・ゴースト」が奇抜すぎる
ドイツのチューナー「マンソリー」が「ロールスロイス・ゴースト」のチューニングパッケージを発表。
(画像:プレスイメージより)

マンソリーが「ロールスロイス・ゴースト」を奇抜すぎるデザインにカスタム。


ドイツのチューニングメーカーとしてスーパーカーや高級車のカスタムを行っていることでも有名な「マンソリー」が「ロールスロイス・ゴースト・シリーズⅡ」向けのチューニングパッケージを発表しました。


「マンソリー」カスタムの「ロールスロイス」のターゲットはやっぱり中国の富裕層?

中国の富裕層向け?マンソリーがカスタムした「ロールスロイス・ゴースト」が奇抜すぎる
「ロールスロイス・ゴースト・シリーズⅡ」向けのマンソリーのビジュアル&パワーパッケージ。
(画像:プレスイメージより)

今回発表された「ロールスロイス・ゴースト・シリーズⅡ」向けのビジュアル&パワーパッケージでは、エクステリア面ではLEDデイタイムランニングライトの装着やテールパイプ、グリルなどの変更に加え、カーボンファイバー性能エンジンフードも採用されているほか、搭載されるV12 6.6リッターターボエンジンもアップグレードが行われているとのこと。

また、インテリアデザインについても、レザー、アルカンタラ、ウッド、アルミニウム、カーボンファイバーなどの素材から多種多様な組み合わせを選択することが可能なようです。

中国の富裕層向け?マンソリーがカスタムした「ロールスロイス・ゴースト」が奇抜すぎる
インテリアにはレザーやカーボンファイバーなど様々な素材の組み合わせが可能とのこと。
(画像:プレスイメージより)
中国の富裕層向け?マンソリーがカスタムした「ロールスロイス・ゴースト」が奇抜すぎる
エクステリアカラーが奇抜なのに比べると、インテリアは結構普通な気もしますね。
(画像:プレスイメージより)

性能面のカスタムなどにより、0-100km/hまでの加速が4.3秒と発表されていますが、この外観でこの性能、しかもベースモデルが1台数千万円の「ロールスロイス」となると、以前ご紹介したロールスロイスファントムのコンプリートモデル「マンソリー・コンキスタドール(Conquistador)」ほどではないとしても、かなり近寄り難い雰囲気であることには間違い無さそうです。

中国の富裕層向け?マンソリーがカスタムした「ロールスロイス・ゴースト」が奇抜すぎる
中国系の富裕層のほかには中東の王族の方々にも似合いそうな組み合わせですが、どちらにしても世界でもほんの一握りの需要のために作られるクルマに違いありません。(画像:プレスイメージより)

イメージとして公開されているゴールド系の色の組み合わせから考えて、おそらく中国系の富裕層を意識しているのではないかと思われますが、ちょっと露骨な気もしてしまいますね。

こちらもある意味目立ちそうですが、こんな感じのカラーも選択出来ます。(画像:プレスイメージより

ちなみに、ゴールド系のカラーしか無いという訳ではなく、上のイメージのような他の色の組み合わせを選択することも出来るようです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。