スポンサーリンク
2014年12月3日水曜日

威圧感がスゴい!「ロールスロイス・レイス」専用のカスタムプログラムが登場

威圧感がスゴい!「ロールスロイス・レイス」専用のカスタムプログラムが登場
ロールスロイス・レイスをノヴィテックの専用ブランドがチューニング!(画像:プレスイメージより)

ロールスロイス・レイスをさらに厳つく、さらに高性能にカスタム。


後ろからこんなクルマが迫って来たらものすごく怖いと思います。。。

2014年9月にフェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーを手掛ける「ノヴィテックグループ」が新たに立ち上げたロールスロイス専用ブランド「Spofec」が「ロールスロイス・ゴースト」のチューニングパッケージを発表したというニュースをお伝えしていましたが、今回新たに同ブランドからロールスロイスの最新クーペとなる「ロールスロイス・レイス」専用のチューニングプログラムが登場することが明らかになりました。


近寄り難いオーラがスゴい。「ロールスロイス・レイス」のチューニングパッケージ。

威圧感がスゴい!「ロールスロイス・レイス」専用のカスタムプログラムが登場
堂堂たる正面からのデザイン。(画像:プレスイメージより)

今回「Spofec」ブランドから発表されたのは、「ロールスロイス・レイス」専用に開発されたチューニングパッケージとなっており、専用のフロントバンパーやカーボンファイバー製のスポイラーなどを備えた空気力学に基づいた設計のエクステリアデザインに加え、搭載されたV12エンジンのチューニングにより最高出力707PS、最高速度は250km/h、0-100km/hまでの加速は4.2秒という、あまり見た目からは想像したくない高性能な仕上がりとなっているようです。

威圧感がスゴい!「ロールスロイス・レイス」専用のカスタムプログラムが登場
エクステリアデザインのカスタムに加え、性能面でのアップデートも行われています。
(画像:プレスイメージより)
威圧感がスゴい!「ロールスロイス・レイス」専用のカスタムプログラムが登場
同社のモデルらしく、あまり大胆なエクステリア面での変更は行われていないようです。
(画像:プレスイメージより)
威圧感がスゴい!「ロールスロイス・レイス」専用のカスタムプログラムが登場
カーボンファイバー製のパーツも多数採用されているようです。(画像:プレスイメージより)
威圧感がスゴい!「ロールスロイス・レイス」専用のカスタムプログラムが登場
重そうな見た目ですが、0-100km/hまでを4.2秒で加速するとのこと。(画像:プレスイメージより)
威圧感がスゴい!「ロールスロイス・レイス」専用のカスタムプログラムが登場
こんな細い道では絶対に出会いたくないクルマです。(画像:プレスイメージより)

イメージとして公開されているマット系のカラーとブラックのフロントグリルの組み合わせがただでさえ近寄り難いロールスロイスの威圧感をさらに際立たせている感じもしますね。

威圧感がスゴい!「ロールスロイス・レイス」専用のカスタムプログラムが登場
マット系も威圧感がありますが、当然ブラックも怖いです。(画像:プレスイメージより)



ちなみに「ロールスロイス・レイス」は、ベース価格で3295万円となっており、以前発表されている「ゴースト」のパーツはリアスポイラー(カーボン製)で43万円、ホイールとタイヤのセットで175万円〜203万円などとなっていたので、一通り合わせるとスゴい金額になってしまいそうです。

関連記事:ノヴィテックが手掛けた超クールな「ロールスロイス・ゴースト」

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。