スポンサーリンク
2017年3月24日金曜日

【動画】渋滞を乗り越えて回避できる謎のシステム「ハムライダー」の映像が話題に!

【動画】渋滞を乗り越えて回避できる謎のシステム「ハムライダー」の映像が話題に!
次世代の渋滞回避システム!?謎の動画「ハムライダー」が話題に。(画像:YouTube/Hum Riderより引用)

謎の渋滞回避システム「ハムライダー」の映像が話題に。


ボタンを押すだけで油圧アームにより車体がほかのクルマよりも上の高さまで上昇し、まさに渋滞を乗り越えながら進むことが出来てしまうというハムライダー(Hum Rider)と呼ばれる謎のシステムの映像がYouTubeに投稿され話題となっています。

2017年3月21日火曜日

富豪の冒険用?ブラバスがカスタムした「550アドベンチャー4×4²」が厳つすぎる!

大富豪の冒険用?ブラバスがカスタムした「550アドベンチャー4×4²」が厳つすぎる!
メルセデスベンツ「G550 4×4²」のブラバス仕様が登場!(画像:プレスイメージより)

ブラバス仕様の究極のオフローダー「550アドベンチャー4×4²」


メルセデスベンツが、Gクラスの特別モデルとして生産し、2016年に日本でも3510万円で限定発売された「G550 4×4² (フォー・バイ・フォー スクエアード)」は、軍用車両などの技術を採用した究極のオフローダーとして話題となりましたが、ただでさえ厳ついイメージの「G550 4×4²」をベースに、ドイツのチューナー「ブラバス」が武骨な雰囲気にカスタムした、その名も「ブラバス・550アドベンチャー4×4²」が発表されました。

2017年3月20日月曜日

世界初!1000個のダイヤモンドを混ぜた塗装の特注モデル「ロールスロイス・ゴースト・エレガンス」がスゴい!

世界初!1000個のダイヤモンドを混ぜた塗装の特注「ロールスロイス・ゴースト・エレガンス」がスゴい!
1000個のダイヤモンドを調合した塗料で仕上げた世界初の特別色のロールスロイス・ゴースト。
(画像:プレスイメージより)

世界初!ダイヤモンドを混ぜた塗料を纏ったロールスロイスが登場。


世界の超高級車の中でも頂点に君臨するブランド「ロールスロイス」。そんなロールスロイスの中でも「最も高価な塗装」でボディを飾った特別モデルが登場しました。

セレブな顧客の好みに応じて様々な特別仕様を手がけるロールスロイスのビスポーク部門が製作したというこちらの「ロールスロイス・ゴースト」は、塗装に本物のダイヤモンド1000個を砕いて調合してしまったという、世界初の「ダイヤモンド・ペイント・フィニッシュ」塗装を施した豪華すぎる車両となっています。

2017年3月18日土曜日

フェラーリ、「GTC4ルッソT」が日本初披露!快適性を備えた初の8気筒4シーターに。

フェラーリ、「GTC4ルッソT」が日本初披露!快適性を備えた初の8気筒4シーターに。
フェラーリ初の8気筒4シーター「GTC4ルッソT」が日本で初披露!(画像:プレスイメージより)

フェラーリ「GTC4ルッソT」がジャパン・プレミア。


フェラーリが、昨年のパリモーターショーで発表した「GTC4ルッソ」の新バリエーションモデル「GTC4ルッソT」が、3月16日に日本向けに初披露されました。

この日のために特設された代官山 T-SITEのテント会場では、「日常的に愉しめるフェラーリ」というコンセプトを伝えるプレゼンテーションと、俳優の伊勢谷 友介さん、モデルのクリス-ウェブ 佳子さんによるトークショーが行われ、鮮やかなブルーの車両がお披露目されたとのことです。

2017年3月16日木曜日

「メルセデスAMG GT」の4ドア・ハイブリッドコンセプトは将来「AMG GT」ファミリーの新たなモデルに?

「メルセデスAMG GT」の4ドア・ハイブリッドコンセプトは将来「AMG GT」ファミリーの新たなモデルに?
メルセデスAMG GTの4ドア・ハイブリッドコンセプトカーをジュネーブモーターショーで披露。
(画像:プレスイメージより)

新型の4ドアクーペコンセプトカー「メルセデスAMG GTコンセプト」


メルセデスベンツの高性能モデルを展開する「メルセデスAMG」ブランドでラインアップされている「メルセデスAMG GT」は、現時点では2ドア、2シーターのクーペ及びオープンの高性能スポーツカーですが、ジュネーブモーターショーで初披露された新型コンセプトカー「メルセデスAMG GTコンセプト」は、「AMG GT」ファミリーの新たなモデルとして、「SLS AMG」や「AMG GT」に続く将来的な方向性を示唆するスタイルに仕上げられているようです。

2017年3月15日水曜日

未来の超高級電気自動車を示唆するベントレーのコンセプトカー「EXP12スピード6e」

ベントレー、未来の超高級電気自動車を示唆するコンセプトカー「EXP12スピード6e」を発表!
ベントレーの最新コンセプトカー「EXP12スピード6e」は将来のラグジュアリーな電気自動車!
(画像:プレスイメージより)

未来のベントレーのEVはこんなデザイン?「EXP12スピード6e」を発表。


ベントレーは、ジュネーブモーターショーにて、ラグジュアリーセグメントの電気自動車を提案するコンセプトカーとなる「EXP12スピード6e」を発表しました。

今回発表された「EXP12スピード6e」は、同じく2015年のジュネーブモーターショーにて発表された2シータースポーツモデルのコンセプトカー「EXP10スピード6」のEVオープンカーバージョンとなっており、ベントレーの将来的なエクステリア・インテリアデザインの方向性を示唆するコンセプトとなっています。

スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。