スポンサーリンク
2015年1月13日火曜日

メルセデスベンツCクラスに高性能な「C450 AMGスポーツ」が登場

メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
メルセデスベンツから高性能仕様車「C45 AMGスポーツ」が登場。(画像:プレスイメージより)

メルセデスベンツ「C450 AMGスポーツ」を発表。


メルセデスベンツは、デトロイトモーターショーの開幕に先駆け、Cクラスをベースにした高性能仕様車となる「C450 AMGスポーツ」の概要を発表しました。

「AMGスポーツ」は、以前に「メルセデスベンツが通常モデルと「AMG」の中間に位置する「AMGスポーツ」を追加へ」の記事でご紹介している通り、現行の通常モデルと高性能な「AMG」モデルの中間となる新たなラインとして追加されたシリーズとなっており、今回発表された「C450 AMGスポーツ」は、「GLE450 AMGクーペ」に続くシリーズ第2弾として登場することになります。


「C450 AMGスポーツ」は強化された性能とスポーティな外観が特徴的な仕様に。

メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
通常モデルとAMGの中間にあたる高性能仕様車に。(画像:プレスイメージより)

メルセデスベンツ「C450 AMGスポーツ」は、現行のCクラスから強化された最高出力362HPの直噴3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/hの加速が4.9秒、最高速度が250km/hでリミッターが作動するという性能面の向上のほか、エクステリアデザインではフロントバンパー、サイドスカート、リアディフューザー、専用デザインのホイールが装着されるなど、インテリアではAMGスポーツ仕様のスポーツシートやステアリングホイールが採用されるなどしており、内外でスポーティなイメージを纏った仕上がりとなっているようです。

メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
「C45 AMGスポーツ」セダンタイプのデザイン。(画像:プレスイメージより)
メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
メルセデスベンツ「C45 AMGスポーツ」セダン(画像:プレスイメージより)
メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
メルセデスベンツ「C45 AMGスポーツ」のインテリアデザイン。(画像:プレスイメージより)
メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
内装面でも専用デザインでスポーティな仕上がりに。(画像:プレスイメージより)
メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
AMGスポーツ専用の装備も多数配置されています。(画像:プレスイメージより)
メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
最高出力362HPの直噴3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。(画像:プレスイメージより)

「C450 AMGスポーツ」にはセダンとステーションワゴンで登場。

メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
「C45 AMGスポーツ」にはセダンだけでなくステーションワゴンも。(画像:プレスイメージより)
メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
ホイールもAMGスポーツ用のクールでスポーティなデザインに。(画像:プレスイメージより)
メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
上位のAMGと同様、マフラー4本出しに。(画像:プレスイメージより)

ちなみに、今回発表された「C450 AMGスポーツ」には、セダンタイプステーションワゴンタイプのモデルが用意され、AMGモデルと同じく4本出しのマフラーも装備されているようなので、現時点では価格なども不明で、今後日本に導入されるかも分かりませんが、導入されれば一定の需要がありそうな感じがしますね。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。