スポンサーリンク
2015年10月31日土曜日

アルファロメオ4Cスパイダーを正式発表。新型のオープンスポーツカーとして登場!

アルファロメオ4Cスパイダー
アルファロメオ4Cスパイダーを発表。日本での発売も。(画像:プレスイメージより)

アルファロメオ4Cスパイダーが市販モデルとして登場!


※アルファロメオ4Cスパイダーの日本発売が発表されましたので、概要や価格などを含む情報を2015年10月31日に一部追加掲載しております。

アルファロメオは、2015年1月12日に開幕するデトロイトモーターショーに先駆け、高性能ミッドシップスポーツカー「アルファロメオ4C」のオープンモデルとなる「アルファロメオ4Cスパイダー」の概要などを正式発表しました。

4Cスパイダーはソフトトップのルーフを備えた仕様となっており、オープンバージョンとしての部分的な変更は加わるものの、クーペの4Cとの重量差は60kg程度と軽量ボディに抑えられているようです。


アルファロメオ4Cスパイダーの日本発売を発表!

アルファロメオ4Cスパイダー 日本
アルファロメオ4Cスパイダーの日本での発売は2015年11月21日から。(画像:プレスイメージより)

※2015年10月31日追記。
アルファロメオブランドを日本国内で展開しているFCAジャパンは、今年1月に開催されたデトロイトモーターショーで発表された「アルファロメオ4Cスパイダー」の日本向け発売を発表し、2015年11月21日より、国内のアルファロメオディーラーにて販売が開始されることになりました。

アルファロメオ4Cスパイダー 日本
アルファロメオ4Cスパイダーの日本での販売価格は861万8400円。(画像:プレスイメージより)
日本向けのアルファロメオ4Cスパイダーの価格は861万8400円(税込み)で、ステアリングは右左、燃費は12.1km/リットル(JC08モード)、1,742ccの直列4気筒DOHC 16バルブ インタークーラー付ターボエンジンを搭載し、最高出力は240PS、最大トルクは350Nmと公表されています。

また、国内向けに用意されるボディカラーは、ソリッド系でホワイト、アルファレッド、ブラック、スペシャルソリッドでプロトタイプイエロー、メタリック色でバサルトグレー、3層メタリックでマドレペルラ ホワイト、コンペティツィオーネ レッドが選択出来るとのこと。

アルファロメオ4Cスパイダー 日本
日本向けに導入されるアルファロメオ4Cスパイダーのカラー。(画像:アルファロメオ公式サイトより引用)

日本向けのアルファロメオ4C用のパッケージオプションは、スポーツエキゾーストシステムやスポーツサスペンションなどを備えた「スポーツパッケージ」が32万4000円、レザーシートやスポーツレザーステアリングを備えた「レザーパッケージ」が28万800円、シートがレザーとアルカンターラの組み合わせとなっているなどの「アルカンターラパッケージ」が28万800円で用意されています。

アルファロメオ4Cスパイダー 日本 シート
国内向けに用意されるシートデザインはこのようなスタイル(画像:アルファロメオ公式サイトより引用)
アルファロメオ4Cスパイダー 日本 オプション
国内向けに用意される純正アクセサリー。(画像:アルファロメオ公式サイトより引用)

以下より、「アルファロメオ4Cスパイダー」の日本導入に合わせて新たに公開されたオフィシャルイメージをご覧いただけます。

アルファロメオ4Cスパイダー 日本
FCAが公開したアルファロメオ4Cスパイダーの画像。(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー 日本
アルファロメオ4Cスパイダーのインテリアデザイン。(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー 日本
アルファロメオ4Cスパイダーのコックピット。(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー 日本
日本での発売が発表されたアルファロメオ4Cスパイダー(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー 日本
オプションやアクセサリーも用意されています。(画像:プレスイメージより)

以下は、2015年1月12日にデトロイトモーターショーで発表された際に掲載したアルファロメオ4Cスパイダーの海外向けの概要となっております。

アルファロメオ4Cスパイダーはクーペのスタイルを受け継ぐオープン仕様。

アルファロメオ4Cスパイダー
オープン仕様となったものの、重量的にはクーペに近い軽量なものに。(画像:プレスイメージより)

昨年2014年のジュネーブモーターショーにてコンセプトカーとして公開されていたモデルから1年、ついに市販車として登場することが発表された「アルファロメオ4Cスパイダー」は、4Cクーペ及び、コンセプトカーのデザインから、4Cの設計を行ったアルファロメオスタイルセンターにより手直しが施されており、エアインテークの装備やヘッドライトデザインの変更などに加え、新たなデザインのアルミホイールが設定されています。

アルファロメオ4Cスパイダー
4Cスパイダーとクーペの比較。(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー
右が今回発表された4Cスパイダー、左がクーペモデルです。(画像:プレスイメージより)

また、「アルファロメオ4Cスパイダー」の基本的な仕様はクーペモデルと同じ設定となっているようで、最高出力237HP、最大トルク35.7kgmの直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載、先に登場している4Cクーペのデザインを維持しながらも軽量なソフトトップのルーフを備えた仕様となっており、オプションでソフトトップをカーボンファイバー製のハードトップに変更することも可能とのこと。

以下より公開されたオフィシャル画像をご覧いただけます。
アルファロメオ4Cスパイダー
昨年、コンセプトカーとして発表されたデザインから、市販車向けに手直しが行われているとのこと。
(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー
アルミホイールは新たなデザインのものが採用されています。(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー
アルファロメオ4Cスパイダー(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー
アルファロメオ4Cスパイダー(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー
アルファロメオ4Cスパイダー(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー
アルファロメオ4Cスパイダーのメーターパネル。(画像:プレスイメージより) 
アルファロメオ4Cスパイダー
オープンにした状態のアルファロメオ4Cスパイダーのインテリア。(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー
ルーフはソフトトップ、オプションでカーボンファイバーのハードトップを選ぶことも可能です。
(画像:プレスイメージより) 
アルファロメオ4Cスパイダー
アルファロメオ4Cスパイダー(画像:プレスイメージより)
アルファロメオ4Cスパイダー
アルファロメオ4Cスパイダーはデトロイトモーターショーで初披露され、夏には米国市場向けに発売される予定となっています。(画像:プレスイメージより)

※アルファロメオ4Cスパイダーの日本導入が正式発表されたため、2015年10月31日に一部記事の内容を更新して掲載致しました。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。