スポンサーリンク
2015年2月28日土曜日

メルセデスベンツ、新型レーシングカー「メルセデス-AMG GT3」を発表

メルセデス-AMG GT3
メルセデスベンツが新型のレーシングカー「AMG GT3」を公開。(画像:プレスイメージより)

新型レーシングカー「メルセデス-AMG GT3」を発表。


メルセデスベンツは、3月のジュネーブモーターショーで公開される新型のレーシングカー「メルセデス-AMG GT3」の概要を発表しました。

「メルセデス-AMG GT3」は、その名の通り同社の最新スポーツカー「メルセデス-AMG GT」をベースに開発されたFIAのGT3レース規格を満たしたレーシングカーとなっており、最先端のテクノロジーとデザインを採用したモデルとして2015年内にも顧客のチームに出荷されます。


市販車から印象が変わったデザインの「メルセデス-AMG GT3」

メルセデス-AMG GT3
市販車の「AMG GT」とは印象の違うデザインに。(画像:プレスイメージより)

今回発表された「メルセデス-AMG GT3」は、先代のSLS AMG GT3からさらに強化されたというAMGの6.3リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載し、トランスミッションは6速シーケンシャルレーシングギアボックス。

メルセデス-AMG GT3
多くのカーボンファイバーパーツが使用された「メルセデス-AMG GT3」(画像:プレスイメージより)
メルセデス-AMG GT3
「メルセデス-AMG GT3」のコックピット。(画像:プレスイメージより)
メルセデス-AMG GT3
「メルセデス-AMG GT3」(画像:プレスイメージより)

迫力あるエクステリアデザインが特徴的な「メルセデス-AMG GT3」のボディには、エンジンカバー、ドア、フロントウイング、フロント&リアエプロン、サイドウォール、サイドスカート、ディフューザー、トランクリッド、そしてリアウイングが軽量のカーボンファイバー製のものとなっているとのこと。

メルセデス-AMG GT3
やはり、グリルが変わると印象も変わりますね。(画像:プレスイメージより)

なんとなく、2013年に発表された「メルセデスベンツAMG・ビジョングランツーリスモ」のコンセプトデザインにも近いようにも思えますが、先代のSLS AMG GT3よりも悪そうな顔つきが印象的です。

【関連記事】
新型スポーツカー「メルセデス-AMG GT」を発表
【動画】絶対勝てない!ウサギとの勝負にカメがとんでもないクルマで参戦!
1億4200万円以上!メルセデス-AMG GTをモチーフにした高級ボートが登場
メルセデスベンツSLS AMGの最終モデル「SLS AMG GTファイナルエディション」
「GT6」向けのコンセプトカー「メルセデスベンツAMG・ビジョングランツーリスモ」

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。