スポンサーリンク
2015年4月7日火曜日

ラッピングと塗装が合体!実験的すぎる「フィアット500X・ブラック・タイ」

フィアット500X・ブラック・タイ
全てが実験的すぎる「フィアット500X・ブラック・タイ」(画像:プレスイメージより)

カスタマイズの可能性を表現した「フィアット500X・ブラック・タイ」


フィアットが3月のジュネーブモーターショーで公開していたモデルの中に、コンセプトカーとは異なる実験的で不思議なカスタムモデルが公開されていました。

フィアット500X・ブラック・タイ」と呼ばれるこのモデルは、フィアットをベースにしたオーダーメイドでのカスタマイズの可能性を表現したという車両となっており、このモデルにはラッピングと塗装が合体したエクステリアカラーや、普通の車には採用しないような素材を使用したインテリアなど「実験的」過ぎる仕上がりとなっています。


「フィアット500X・ブラック・タイ」は普通の車には使わない素材だらけ。

フィアット500X・ブラック・タイ
フィアット500Xをベースにラッピングと塗装を組み合わせたエクステリアが特徴的なモデル。
(画像:プレスイメージより)

フィアット500X・ブラック・タイ」は、フィアットとGarage Italia Customsのコラボモデルとなっており、エクステリアにはラッピングを施した上に塗装を行ったという全体が「X」模様の斬新なカラーが採用されているほか、インテリアではデニム、カシミヤ、アルカンターラを全体に配置し、インパネにはブラック塗装のウッドを使用するなど、通常の市販車では使用されないようなデザインとなっています。

フィアット500X・ブラック・タイ
エクステリアではステアリングもファブリック。(画像:プレスイメージより)
フィアット500X・ブラック・タイ
それどころか全体がファブリック!(画像:プレスイメージより)
フィアット500X・ブラック・タイ
一体どんな質感なのか気になりますね。(画像:プレスイメージより)
フィアット500X・ブラック・タイ
ここまでするかという程のこだわりです。(画像:Garage Italia CustomsのFBより引用)
フィアット500X・ブラック・タイ
冬はあったかいかもしれません。(画像:Garage Italia CustomsのFBより引用)
フィアット500X・ブラック・タイ
車には普通は使わない素材だらけです。(画像:Garage Italia CustomsのFBより引用)
フィアット500X・ブラック・タイ
隅々まで可能性を追求したスタイルに。(画像:プレスイメージより)
フィアット500X・ブラック・タイ
市販化の予定は無いようですが、将来的にはこのようなカスタムが可能になるのかもしれませんね。
(画像:プレスイメージより)

このモデルで表現しているのは、フィアットの「カスタマイズの可能性の探求」のようで、市販の予定は無いようですが、実際のところ、普通の車には使われないような素材に囲まれた乗り心地はどんな感じなのかも気になりますね。

【関連記事】
フィアットのクロスオーバーSUV「500X」が日本上陸へ!
フィアットが「VANS」をイメージした「フィアット500L VANSコンセプト」を公開

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。