スポンサーリンク
2015年7月10日金曜日

ラッパーが乗っていそうな真っ赤なロールスロイスの特注モデルを公開。

ラッパーが乗っていそうな真っ赤なロールスロイスの特注モデルを公開。
特注で製作された真っ赤なロールスロイスを公開。(画像:Rolls-Royce Motor Carsより)

赤を纏ったロールスロイス「セント・ジェームス」


ベース価格が3300万円以上というロールスロイスの「レイス」を特別仕様でオーダーする時に、このカラーを選ぶのは勇気がいりそうな気がしますが、そんな超高級車を購入出来る裕福な顧客の中には実際にはこういったド派手なモデルの需要も結構多いのでしょうか?

ロールスロイスは、真っ赤なボディカラーを纏ったビスポークモデル「ロールスロイス・レイス・セント・ジェームス」を公開しました。


ロールスロイスのビスポーク部門が手掛けた真っ赤な特別仕様に。

ラッパーが乗っていそうな真っ赤なロールスロイスの特注モデルを公開。
ロールスロイス・レイスをベースにした「セント・ジェームス」(画像:Rolls-Royce Motor Carsより)

ロールスロイスが同社のFacebookにて公開した「セント・ジェームス」(St James)は、ロールスロイス・レイスをベースに真っ赤なエクステリアカラーが印象的なビスポーク部門が手掛けたモデルとなっており、クロームメッキが効果的に配置された仕上がりとなっています。

ラッパーが乗っていそうな真っ赤なロールスロイスの特注モデルを公開。
レッドのカラーにクロームメッキが似合います。(画像:Rolls-Royce Motor Carsより)
ラッパーが乗っていそうな真っ赤なロールスロイスの特注モデルを公開。
このようなモデルを製作するには車両本体に加え、オーダーメイドでの費用も。
(画像:Rolls-Royce Motor Carsより)

このモデルについての詳細は明かされていませんが、おそらく、先月のグッドウッドフェスティバルの際に公開されていたモデルと同一であると思われ、顧客のオーダーではなく、ロールスロイスによって独自に製作された車両と考えられます。

ラッパーが乗っていそうな真っ赤なロールスロイスの特注モデルを公開。
実際に走行している赤いロールスロイス・レイス。(画像:Rolls-Royce Motor Carsより)
ラッパーが乗っていそうな真っ赤なロールスロイスの特注モデルを公開。
ロールスロイスで真っ赤な外装。普通に走るだけでも注目されそうです。
(画像:Rolls-Royce Motor Carsより)

このカラーなら紳士よりも、こんな感じのヒップホップで成功した有名なラッパーのような人が乗っていると似合いそうな気もしますね。


ちなみに、2016年に開業するマカオのホテルでは、こんな感じの真っ赤なファントムを30台オーダーしています。・マカオの高級ホテルが真っ赤な特注の「ロールスロイス」を30台購入へ!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。