スポンサーリンク
2015年10月31日土曜日

驚異の1451馬力!「ヘネシー・ヴェノムGT」がパワーアップして登場へ!

ヘネシー・ヴェノムGT 2016年モデル
あの 「ヘネシー・ヴェノムGT」に2016年モデルが登場。(画像:プレスイメージより)

「ヘネシー・ヴェノムGT」が2016年モデルで1451馬力に!


もう、ここまで来ると意味がわかりません、、、。

世界で最も速いレベルの加速性能と価格を持つクルマとして以前にもご紹介したことのある米国のチューナー「ヘネシーパフォーマンス」の「ヘネシー・ヴェノムGT」ですが、ただでさえスゴ過ぎる性能を持ったこのモデルが、さらにパワーアップして公開されるようです。

「ヘネシーパフォーマンス」は米国・ラスベガスで11月に開催されるSEMAショーにて、1451馬力にアップグレードされた「ヘネシー・ヴェノムGTスパイダー」の2016年式最新モデルを公開すると発表しました。


「ヘネシー・ヴェノムGT」は1451馬力で最高速度450キロ以上に!

ヘネシー・ヴェノムGT 2016年モデル
2016年モデルの「ヘネシー・ヴェノムGT」は最高出力1451馬力!(画像:プレスイメージより)

ヘネシーパフォーマンス」が発表したヴェノムGTのオープンカー仕様「ヴェノムGTスパイダー」の2016年モデルは、7.0リットルのV8ツインターボエンジンを搭載し、以前のモデルに比べて207HPアップした最高出力1451HPとなっており、0-100km/hまでの加速はわずか2.4秒、最高速度は450km/h以上というスゴいとしか言い様のない数値が公表されています。

ヘネシー・ヴェノムGT 2016年モデル
最高速度は450km/h以上という世界最速レベルの性能に。(画像:プレスイメージより)

以下より以前のモデルの映像をご覧いただけますが、公表されたスペックなら、恐らく、これよりも速いということなんだと思います。


何だかよく分かりませんが、新型の「ヘネシー・ヴェノムGTスパイダー」は、最高のパフォーマンスを持った最もエキサイティングなハイパーカーに仕上がっているようで、発売がウワサされるブガッティの新型車「シロン」もでしたが、ここから先は100馬力単位ではなく、1000馬力以上の世界でスーパーカー、ハイパーカーの開発が進められていく方向なのは間違い無さそうです。

ヘネシー・ヴェノムGT 2016年モデル
SEMAではヴェノムGTの他に774馬力のマスタングや650馬力のフォードF150も公開されるとのこと。
(画像:プレスイメージより)

当サイトが昨年公開した「世界最速の車のトップ10」では、2秒台が最高でしたが、来年の今頃には1秒台で100km/hまで加速する車種も出て来そうな気もしますね、、、。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。