スポンサーリンク
2015年11月5日木曜日

マツダ、ロードスターをベースにした「スピードスター」&「スパイダー」コンセプトを初披露。

マツダ、ロードスターをベースにした「スピードスター」&「スパイダー」コンセプトを初披露。
米国で公開されたロードスターのカスタムコンセプトカー。(画像:プレスイメージより)

ちょっと雰囲気の違うマツダ・ロードスターのカスタム仕様。


先日の東京モーターショーで公開された次世代ロータリーエンジン搭載コンセプト「RX-VISION」が大きな話題となったマツダですが、同社を代表するもう一つのスポーツカー「ロードスター」の現行モデルをベースにした2台の新たなコンセプトカー「スピードスターコンセプト」と「スパイダー」が、北米で開幕した自動車のアフターマーケットの見本市「SEMAショー」にて初披露されました。


クラシカル&スポーティなロードスターの「スパイダー」と「スピードスター」

マツダ・ロードスター MX-5スパイダー
マツダ・ロードスター(MX-5)をベースにした「スパイダー」(画像:プレスイメージより)

ラスベガスで開催されたSEMAにて初公開となったのは、マツダ・ロードスター(海外名:MX-5)をベースにカスタムされたモデルとなっており、シルバーカラーの「MX-5スパイダー」はクラシカルな雰囲気が表現されたエクステリアにレザーを使用したインテリアが組み合わされたスタイル、そしてもう1台のブルーカラーの「MX−5スピードスター」は、フロントガラスとルーフを取り外し、113kgもの軽量化なども行われているというスポーティな雰囲気のモデルとなっており、それぞれ現行ロードスターの新たな一面が提示されています。

マツダ・ロードスター MX-5スパイダー
カーボン製のエアロパーツが装備されています。(画像:プレスイメージより)
マツダ・ロードスター MX-5スパイダー
通常のロードスターとは異なるデザインのソフトトップを採用。(画像:プレスイメージより)
マツダ・ロードスター MX-5スパイダー
大人な雰囲気が感じられるクラシカルなコンセプトカーです。(画像:プレスイメージより)
マツダ・ロードスター MX-5スパイダー
エクステリアとルーフカラーの組み合わせがお洒落です。(画像:プレスイメージより)
マツダ・ロードスター MX-5スパイダー
インテリアにはレザーを多用しておりベースモデルとは異なる質感に。(画像:プレスイメージより)
マツダ・ロードスター MX-5スピードスター
こちらが「MX-5スピードスター」(画像:プレスイメージより)
マツダ・ロードスター MX-5スピードスター
車両重量は943kgでドアはカーボン製に。(画像:プレスイメージより)
マツダ・ロードスター MX-5スピードスター
車高はベースモデルに比べて30mm下げられているようです。(画像:プレスイメージより)
マツダ・ロードスター MX-5スピードスター
ブレンボ製ブレーキと16インチのレイズ製ホイールが採用されています。(画像:プレスイメージより)
マツダ・ロードスター MX-5スピードスター
メルセデスSLRスターリングモスのように、現代のモデルでフロントガラスが無いデザインは独特ですね。
(画像:プレスイメージより)
マツダ・ロードスター MX-5スピードスター
こんなところに「SPEEDSTER」の文字が。(画像:プレスイメージより)
マツダ・ロードスター MX-5スピードスター
過去と未来が共存したようなデザイン。(画像:プレスイメージより)

以下は今回公開された2台のコンセプトカーのメイキングビデオ。


今回の2台のコンセプトカーは、マツダの米国法人となる北米マツダがSEMAに出品したもので、市販化されるモデルではないようですが、2台とも過去のオープンカーやレーシングカーを彷彿とさせるデザインが特徴的で、通常のモデルとは異なる方向性なので、もしも市販化されるなら欲しい!と思う人もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。