スポンサーリンク
2014年9月4日木曜日

フルモデルチェンジした新型「マツダ ロードスター」の魅力

マツダ ロードスター 新型
マツダ・ロードスターの新型を初公開!(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)

新型「マツダ ロードスター」がついに初公開!


マツダは、フルモデルチェンジした新型の「マツダ ロードスター」を発表しました。

日本、米国、スペインで行われたイベントにて初公開された新型の「マツダ ロードスター」は、近年のマツダ車に取入れられている「魂動デザイン」を深化させた美しく躍動感のあるデザインが特徴的なモデルとなっており、初代から4代目となる新型の「マツダ・ロードスター」では「SKYACTIV技術」や歴代の「ロードスター」シリーズで最もコンパクトなサイズで、以前のモデルと比べて100kg以上の軽量化を実現するなど、現在のマツダの方向性が詰まったライトウェイトスポーツカーとして2015年に全世界でデビューする事になります。

追記:2015年、日本導入発表後に一部追記しました。

新型の「マツダ ロードスター」は美しい「魂動」デザインが特徴。

マツダ ロードスター 新型
良い意味で日本車らしくないデザインとなった新型の「マツダ・ロードスター」
(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)

ライブ中継も行われたイベントでの初公開が話題となった新型の「マツダ ロードスター」は、近年のマツダのモデルを代表するデザインテーマでもある「魂動」を大胆に採用したスタイルが印象的で、今までの「マツダ・ロードスター」シリーズのイメージも保ちつつ、マツダの発表では「乗る人の姿が際立つ美しいプロポーションと、オープンカーならではの気持ち良さを堪能できる外観、内装デザインを創り上げた」という全体を通して良い意味で日本車らしくないスポーツカーへと進化した印象のモデルです。

マツダ ロードスター 新型
新型の「マツダ・ロードスター」の内装(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)
以下は新型「マツダ・ロードスター」の初公開の様子(日本)です。


以下はマツダが公式Facebookにて公開していたマツダロードスター THANKS DAY IN JAPANでの新型「ロードスター」の写真の引用です。

マツダ ロードスター 新型
新型「マツダ・ロードスター」(画像:Facebook「マツダ/Mazda Japan」より引用)
マツダ ロードスター 新型
新型「マツダ・ロードスター」(画像:Facebook「マツダ/Mazda Japan」より引用)
マツダ ロードスター 新型
新型「マツダ・ロードスター」(画像:Facebook「マツダ/Mazda Japan」より引用)
マツダ ロードスター 新型
新型「マツダ・ロードスター」(画像:Facebook「マツダ/Mazda Japan」より引用)
マツダ ロードスター 新型
新型「マツダ・ロードスター」(画像:Facebook「マツダ/Mazda Japan」より引用)
上記が実際に公開されたイベントでの写真となりますが、プレスイメージで見る以上に新しい「マツダ・ロードスター」は国産車では今までに無かったような洗練されたスポーツカーらしいスタイルを持っているように感じられます。

ちなみに発表時にライブ中継されていた新型マツダロードスターの海外での初公開の様子は以下より。



新型「マツダ ロードスター」はコンパクトなボディと100kg以上の軽量化も実現。

マツダ ロードスター 新型
新型の「マツダ・ロードスター」では歴代で最もコンパクトなボディと、大幅な軽量化を実現。
(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)

今回発表された新型「ロードスター」は、「守るために変えていく」をキーワードに開発されたということで、上記の「魂動」を取入れたデザインの一新だけではなく、「SKYACTIV技術」の採用なども行われていますが、その中でも特に注目を集めているのが「歴代ロードスターの中でもっともコンパクトなボディサイズ」と「軽量化」だと思います。

マツダ ロードスター 新型
斜め後ろから見た新型「マツダ・ロードスター」
(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)
マツダ ロードスター 新型
ルーフを閉じた状態はこのようなイメージ(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)

新型「ロードスター」は今までのマツダロードスターの歴代モデルの中でももっともコンパクトな「全長3,915mm × 全幅1,730mm × 全高1,235mm」というサイズとなっているほか、重量は以前(現行)のモデルに比べて100kg以上の軽量化が行われているという本格的な「ライトウエイトコンパクトオープンスポーツ」に進化しています。

新型「マツダ ロードスター」のスペックと価格。

マツダ ロードスター 新型
新型「マツダ・ロードスター」のスペック。(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)

以下が公表されている性能、サイズなどの情報です。

ボディサイズ:全長3,915mm × 全幅1,730mm × 全高1,235mm
エンジン:SKYACTIV-G 直噴ガソリンエンジン
トランスミッション:SKYACTIV-MT 6速MT/6速AT

グレードは、軽快感と開放感を追求したベーシックモデルの「S」、安全性と環境に配慮したハイグレードモデルの「S スペシャルパッケージ」、レザーシートを搭載するなど快適装備を充実させた「S レザーパッケージ」の3種類で、各モデルが1.5リットルのDOHCガソリンエンジンを搭載し、価格は「S」が249万4800円(MT)、「S スペシャルパッケージ」が270万円(ATは280万8000円)、「Sレザーパッケージ」が303万4800円(ATは314万2800円)となっています。

マツダ ロードスター 新型
新型「マツダ・ロードスター」(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)
マツダ ロードスター 新型
新型「マツダ・ロードスター」(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)
マツダ ロードスター 新型
新型「マツダ・ロードスター」(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)
マツダ ロードスター 新型
2015年に発売予定の新型「マツダ・ロードスター」の価格などは未定。
(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)

「マツダ ロードスター」は新型の登場で「楽しさ」を継承へ。

マツダ ロードスター 新型
新型「マツダ・ロードスター」の登場で新たなロードスターの歴史が始まる!
(画像:マツダ・ロードスター/MX-5のプレスイメージより)

今回の「マツダ・ロードスター」の新型は、単なる自動車としての存在を超越し、オーナーが真に愛するスポーツカーになるために細部まで注意を払って開発されたとのことで、1989年の初代のモデルの発売から2014年の7月までの累計生産台数が94万台をオーバー、2シーターのコンパクトオープンスポーツカーとしては生産台数が1位のギネス記録を更新中のロードスターの歴史が、今回新たに発表された4代目となる新型の「マツダ・ロードスター」の登場で、さらに記録を伸ばし継承されていくような予感がしますね。

【動画】新型「マツダ ロードスター」のデザインの詳細。

新型「マツダ・ロードスター」のデザインの詳細
動画にて紹介されていた新型「マツダ・ロードスター」の内装デザイン。(画像:YouCarより引用)

2014年9月5日追記。
新型「マツダ・ロードスター」(海外名:MX-5)のデザインを確認出来る動画がYouTubeの海外の自動車関連チャンネルにて公開されておりましたのでご紹介致します。



今回の動画では昨日公開された公式のプレスイメージやイベントレポートなどではあまり分からなかった新型「マツダ・ロードスター」の内装、外装のデザインや特徴なども確認することが出来ます。

【関連記事】
マツダ「ロードスターRF」を世界初公開!フル電動式ルーフ搭載のファストバックスタイルに。
「マツダRX-9」が100周年を祝う新型スポーツカーとして2020年に登場!?
マツダ「CX-3」を発表。新型クロスオーバーSUVとして登場へ
「マツダ・アテンザ」に2ドアクーペの追加を計画中!?
日本には導入されない?「マツダ・デミオ」の4ドアセダンバージョンが登場!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。