スポンサーリンク
2015年12月7日月曜日

マクラーレン675LTスパイダーを発表!500台限定の高性能オープンカーに。

マクラーレン675LTスパイダー
高性能オープンカー「マクラーレン675LTスパイダー」を発表。(画像:プレスイメージより)

マクラーレン675LTスパイダーを正式発表。


マクラーレンの高性能モデルとして3月のジュネーブモーターショーにて発表された「675LT」は当初クーペモデルのみが500台限定で発売され、その後全ての台数が完売していましたが、そのオープンカー仕様となる「マクラーレン675LTスパイダー」が新たに発表されました。

電動ルーフを装備した「675LTスパイダー」は、すでに完売済みのクーペバージョンと同じく500台限定で2016年の夏より販売開始が予定されています。


マクラーレン「675LTスパイダー」は顧客の需要に答えた「675LT」のオープン仕様に。

マクラーレン675LTスパイダー
オープン仕様は重要な顧客からの需要が高かったようです。(画像:プレスイメージより)

今回新たに発表された「マクラーレン675LTスパイダー」は、同社の顧客からの需要が高かったことに対応してリリースされた675LTのセカンドモデルという位置付けで、最初に発表されたクーペの675LTと同じく500台のみの限定生産が発表されています。

マクラーレン675LTスパイダー
基本的にはクーペの675LTと同じ程度のスペックに。(画像:プレスイメージより)

基本的にはクーペの675LTとほぼ同じスペックとなっており、3.8リットルのV8ツインターボ・エンジンを搭載し、最高出力は675PS、0-100km/hの加速も2.9秒と公表されていますが、電動ルーフを搭載し、重量も40キロ程度増加した状態のスパイダーの方が0-200km/hでは0.2秒遅かったり、最高速度がクーペの330km/hよりも若干下がった326km/hとなっているようです。

マクラーレン675LTスパイダー
電動ルーフを搭載しているため重量は40キロ程度増加しています。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン675LTスパイダー
オープン仕様に合わせて若干のデザイン変更は行われてるようです。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン675LTスパイダー
写真のモデルは「ソリス」という新開発のゴールド系カラー。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン675LTスパイダー
500台限定で2016年の夏よりデリバリー開始予定です。(画像:プレスイメージより)

マクラーレン675LTスパイダー」の価格は、英国では285450ポンド、日本円にして5311万円程度となっており、2016年の夏頃よりデリバリーが開始される予定となっていますが、クーペの675LT自体が発売からわずか2ヶ月程度で全て完売しているので、「需要」に対応して新たに登場した「675LTスパイダー」も、500台全てがあっという間に完売となってしまうのではないでしょうか?

関連記事
「マクラーレン675LT」を正式発表!650Sを超える高性能モデルに
マクラーレン675LTが完売。2ヶ月程で500台全てのオーナーが決まった模様

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。