スポンサーリンク
2015年2月26日木曜日

「マクラーレン675LT」を正式発表!650Sを超える高性能モデルに

マクラーレン675LT
高性能スポーツカー「マクラーレン675LT」を正式発表!(画像:プレスイメージより)

高性能モデル「マクラーレン675LT」が登場。


マクラーレンは、3月のジュネーブモーターショーでのワールドプレミアを予定している新型の高性能スポーツカー「マクラーレン675LT」の概要を正式発表しました。

「マクラーレン675LT」は、「650S」よりもさらに上位に位置する高性能仕様となっており、大幅に強化されたというツインターボV8 3.8リッターエンジンを搭載し、650Sに比べ最高出力が25HP、トルクが22Nmアップした675HP、700Nmというハイパフォーマンスモデルとなっています。


650Sを超える性能の「マクラーレン675LT」は2.9秒で100km/hまで加速。

マクラーレン675LT
「マクラーレン675LT」はその名の通り最高出力が675HPに。(画像:プレスイメージより)

今回発表された「マクラーレン675LT」は、トラックに焦点を当てた高性能モデルとなっており、0-100km/hの加速はわずか2.9秒、7.9秒で0-200km/hを加速し、最高速度は330km/hとのこと。

マクラーレン675LT
大幅に強化されたというツインターボV8 3.8リッターエンジンを搭載。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン675LT
チタン製の円形ツインマフラー(画像:プレスイメージより)

特徴的なチタン製の円形マフラーや部分的な変更以外のデザイン面では、同社の「マクラーレン650S」のクーペ及びスパイダーと共通している部分が多く確認出来る「マクラーレン675LT」ですが、最初にご紹介したエンジン性能の向上だけでなく、カーボンファイバーなどの採用により100キロの軽量化が行われるなど、性能面での強化が行われた仕様となっています。

マクラーレン675LT
「マクラーレン675LT」のインテリアデザイン。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン675LT
「マクラーレン675LT」のインテリアデザイン。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン675LT
細かな部分にもロゴが配置されています。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン675LT
675LTのホイール。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン675LT
デザインは650Sよりも若干スポーティなイメージに。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン675LT
675LTのLTは「ロングテール」の略。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン675LT
650Sの上位モデルとしてフェラーリ458スペチアーレなどのライバルに?(画像:プレスイメージより)

新型の「マクラーレン675LT」は、性能別にアジア向けの635C、650Sシリーズに続くマクラーレンの新たな選択肢として今後加わることになりますが、このモデルについては分類的に「フェラーリ458スペチアーレ」などのライバルになりそうな予感です。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。