スポンサーリンク
2016年1月12日火曜日

レクサスの新型高級クーペ「LC500」の魅力。ハイブリッドモデルも新たに登場!

レクサスLC500
レクサスが新型高級クーペ「LC500」を正式発表!(画像:プレスイメージより)

新型高級クーペ「レクサスLC500」を正式発表!


レクサスは、米国・デトロイトで1月11日より開催されている2016年のデトロイトモーターショーにて、新型のラグジュアリークーペ「LC500」を世界初披露しました。

2012年デトロイトモーターショーに出展されていたコンセプトカー「LF-LC」のデザインを進化させ、市販モデルとして登場した「LC500」は、“F”モデルから継承したV型8気筒5.0リットルエンジンに、新開発の10速オートマチックトランスミッションをレクサスとして初めて採用しており、2017年の春には日本でも発売が予定されているとのことです。

※2016年2月に、LC500のハイブリッドモデルとなる「レクサスLC500h」が新たに発表されましたので、詳細を追加掲載しております。


「レクサスLC500」はコンセプトカー「LF-LC」を進化させた市販モデルに。

レクサスLC500
LF-LCコンセプトカーが進化して市販車「LC500」として登場!(画像:プレスイメージより)

レクサスが発表した新型ラグジュアリークーペ「LC500」は、「レクサスブランドに変革をもたらす挑戦」と発表されているように、コンセプトカー「LF-LC」のスタイルを継承しながら市販車として仕上げられたエクステリアなどが特徴的なスタイルとなっており、コンセプトカーのちょっと大袈裟だったデザインを大きく崩さずに、近年のレクサス市販モデルのデザインがうまく融合した印象で、同じくクーペモデルの「RC」などとは異なるスタイルの新型車となっています。

レクサスLC500
コンセプトカーのスタイルを継承しながら市販車「LC500」へ。(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500
リアも含め、かなりコンセプトカーに近い状態が維持されています。(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500 デザイン
写真では角度によって雰囲気が違うデザインに見えてしまいますが、実車はかなりカッコ良さそうです。
(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500 デザイン
「レクサスLC500」を横から見るとこんなスタイルに。(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500 デザイン
発表会の動画では実際の車両が登場するシーンも。(画像:プレスイメージより)

市販車となる「LC500」では、新開発プラットフォームによる骨格を活かし、走行性能の要件とデザインの狙いが合致した、ダイナミックなプロポーションとラグジュアリークーペとしてのエレガントさを融合したデザインとなっているとのこと。

豊田章男社長が登壇しプレゼンテーションを行ったデトロイトモーターショーでの発表の様子は以下の動画よりご覧いただけます。


「レクサスLC500」のインテリアは高級感や快適性とスポーティな雰囲気が組み合わせられたスタイルに。

レクサスLC500 インテリア
「レクサスLC500」のインテリアデザイン。(画像:プレスイメージより)

レクサスのラインアップの中でも上位に位置することになる今回の「LC500」では、スポーティでエクステリア面のエレガントな雰囲気とともに、インテリアデザインも高級感のある空間が実現されており、コックピットではペダル配置、ステアリング傾角、シートのホールド性など、徹底した走り込みに基づいたレイアウトとなっているほか、手にしっくりと馴染むように配慮されたステアリングホイールやマグネシウム素材を使用したパドルシフトなどの採用と、ラグジュアリークーペの快適性とともに、スポーティな雰囲気も兼ね備えているようです。

レクサスLC500 インテリア
握る位置に合わせて断面形状を緻密に変化させ、手に馴染むよう配慮されたステアリングホイール。
(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500 インパネ
インパネ部分はこのようなデザイン。(画像:プレスイメージより)

また、ボディ骨格から考慮し開発されたオーディオシステムも採用されているほか、低重心でワイドな印象のスタイルでありながら、助手席を含めた包まれ感と開放感のある空間も意識されており、2ドアクーペですが後部座席も用意されています。

「LC500」にはレクサスの「F」モデルから継承したエンジンを搭載。

レクサスLC500 性能
レクサスの象徴でもあるスピンドルグリルが目を引くフロントデザイン。
レクサスLC500にはV型8気筒5.0リットルエンジンを搭載。(画像:プレスイメージより)

レクサスLC500」は、“F”モデルから継承したV型8気筒5.0リットルエンジンに、新開発10速オートマチックトランスミッションを同ブランドとして初めて採用しており、最高出力は475PS、最大トルクは530Nm。

レクサスLC500 性能
今後さらに高性能なモデルが登場するというウワサもあります。(画像:プレスイメージより)

プラットフォームやサスペンションは素直なハンドリングで、すっきりとして奥深いドライビングフィールを実現するべく、世界中のワインディングロードや高速道路などあらゆる道を走り込み開発されており、発表によると伸び感ある加速とドライバーが意図する走行リズムをつくり出す変速が、エンジンサウンドと調和し、気持ち良い走りが実現されているとのこと。


現時点ではベースモデルの「LC500」のみの発表ですが、今後、「RC F」や「GS F」のように、さらに上位の高性能な「F」モデルが追加される可能性は高そうです。

「レクサスLC500」の日本発売は2017年の春頃に。価格はLS並み?

レクサスLC500 日本 発売 価格
「レクサスLC500」の日本での発売時期は2017年の春に予定されています。(画像:プレスイメージより)

「レクサスLC500」の価格や発売時期の詳細については現時点では未発表ですが、日本向けの発売時期は2017年の春頃を予定しているとのことで、発表と同時にレクサスの国内向け公式サイトでもLC500の特設ページが公開されているので、日本導入については今後正式な発表があるものと思われます。

レクサスLC500(画像:プレスイメージより)

また、価格についてですが、同じくクーペの「RC」よりは高額になることは確実と思われ、クーペのフラッグシップモデルとしてセダンのフラッグシップである「LS」並みか、それ以上の設定になる可能性があり、少なく事も1000万円以上になると考えられます。


レクサスLC500の新たなプロモーション映像を公開。

レクサスLC500
レクサスLC500の新たなプロモーションビデオを公開。(画像:Lexus Internationalより引用)

1月11日のデトロイトモーターショーで初披露されたレクサスLC500の新しいプロモーションビデオが公開されました。


今までに公開されていたビデオは、主にLC500のイメージやエクステリア、インテリアなどをフィーチャーした内容であったのに対し、今回の新たな映像では上記の他に広大な大地を走行する姿も見ることができます。

レクサス「LC500h」を発表。LC500のハイブリッド仕様として登場へ。

レクサスLC500h
レクサスLC500のハイブリッド仕様「LC500h」を正式発表。(画像:プレスイメージより)

※2016年2月追加掲載の項目です。
レクサスは、2月18日、オランダにて世界初となるマルチステージハイブリッドシステム搭載の新型ラグジュアリークーペ「LC500h」を世界発披露しました。

レクサスLC500h
ハイブリッドシステムにマニュアル感覚のドライブ操作が楽しめるMモードがレクサスとして初めて採用
(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
LC500hには世界初となるマルチステージハイブリッドシステムを搭載。(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
2つのモーターを使用したLEXUSのハイブリッドシステムに有段ギアの自動変速機構を組み合わせることで、エンジンとモーター両方の出力制御が可能になったマルチステージハイブリッドシステム。(画像:プレスイメージより)(画像:プレスイメージより)

デトロイトモーターショーにて発表されていたレクサスLC500のハイブリッド仕様となる「LC500h」は、高回転化したV型6気筒3.5ℓエンジンと走行用モーターに自動変速機構を組み合わせたマルチステージハイブリッドシステムを採用することにより、ドライバーの操作や車両のGから走行状態を判断して変速を制御し、ハイブリッドが持つモーター駆動による応答性の良さを最大限に活用し、ダイナミックなドライビングテイストを実現したとのことで、パワフルな駆動力と低燃費・静粛性を両立したモデルに仕上げられているようです。

レクサスが公開したLC500hのその他の画像は以下より。


レクサスが発表に合わせて公開した「LC500h」のオフィシャル画像をご覧いただけます。エクステリアデザインのほか、インテリアデザインの写真も掲載しております。

レクサスLC500h
レクサスLC500h(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
レクサスLC500h(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
レクサスLC500h(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
レクサスLC500h(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
レクサスLC500h(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
レクサスLC500h(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
レクサスLC500h(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
レクサスLC500h(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
レクサスLC500hのインテリアデザイン。(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
レクサスLC500hのインテリアデザイン。(画像:プレスイメージより)
レクサスLC500h
レクサスLC500hのインテリアデザイン。(画像:プレスイメージより)
説明を追加 
説明を追加

レクサス「LC500h」もLC500と同じく2017年春頃に日本発売予定!

レクサスLC500h
レクサスLC500hはLC500と同様に2017年春頃に日本発売の予定。(画像:プレスイメージより)

マルチステージハイブリッドシステムを搭載したレクサスLC500hには最高出力220kW/6600rpm、最大トルク348Nm/4900rpmの「2GR-FXS V型6気筒3.5ℓエンジン」が搭載され、システム全体の最高出力は264kW(359馬力)と公表されています。


ベースモデルのLC500が発表された際に、日本での発売は春頃に予定されていることをご紹介していましたが、今回新たに発表されたレクサスLC500hについても、LC500と同じく2017年春頃の日本発売が予定されているとのことです。

レクサスLC500h LC500
価格などについては未公表ですが、今後新たな情報が発表された際は追加でご紹介したいと思います。
(画像:プレスイメージより)

今後、「レクサスLC500」及び「LC500h」についての詳細が公表されましたら追記でご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。