スポンサーリンク
2016年3月3日木曜日

ケーニグセグが1500馬力のPHVスーパーカー「レゲーラ」を初公開!

ケーニグセグ・レゲーラ
1500馬力を超えるPHVスーパーカー「ケーニグセグ・レゲーラ」を発表。
(画像:Facebook/Koenigsegg Automotive ABより引用)

「ケーニグセグ・レゲーラ」を発表。1500馬力のPHVスーパーカーに。


スウェーデンのブランドとして世界でもトップレベルの性能のモデルをリリースしていることでも知られる「ケーニグセグ」は、3月1日に開幕したジュネーブモーターショーにて、新型スーパーカー「ケーニグセグ・レゲーラ」の市販モデルを初披露しました。

同社初となるPHV(プラグインハイブリッド)のスーパーカーとして登場する「レゲーラ」は、搭載された5.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンとモーターを組み合わせた全体の最高出力が1500HP以上で、わずか20秒で400km/hまで加速してしまうという驚異的なモデルとなっています。


「ケーニグセグ・レゲーラ」は停止状態から20秒で400km/hまで加速するPHVスーパーカー。

ケーニグセグ・レゲーラ
1100馬力のエンジンとモーターを組み合わせ1500馬力以上の最高出力に。
(画像:Koenigsegg公式サイトより引用)

ケーニグセグが発表したプロダクションモデルの「レゲーラ」は、2011年に登場したスーパーカー「アゲーラ」に続く最新のフラッグシップモデルとなり、ミッドシップの5.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンの最高出力が1100HP、これにモーターを合わせることでトータルの最高出力が1500HP以上というとんでもないクルマになっています。

ケーニグセグ・レゲーラ
詳細な価格は不明ながら1台2億円以上ともいわれています。(画像:Koenigsegg公式サイトより引用)
ケーニグセグ・レゲーラ
わずか20秒で400キロまで加速するようです。(画像:Koenigsegg公式サイトより引用)
ケーニグセグ・レゲーラ
ブガッティ・シロンのライバルになりそうです。(画像:Facebook/Koenigsegg Automotive ABより引用)
ケーニグセグ・レゲーラ
この機能が搭載されているかは不明ですが、映像では自動的にドアなどが開閉しています。
(画像:YouTube/The Fast Lane Carより引用)

「ケーニグセグ・レゲーラ」は0-100km/hの加速が2.8秒で、停止状態から10.9秒で300km/hまで加速し、20秒で400km/hまで到達してしまうと公表されており、一般向けに販売される市販車のパフォーマンスとして考えると意味不明な世界です。


ちなみに、限定80台で、既に複数の注文が入っているらしい「ケーニグセグ・レゲーラ」の具体的な価格について詳細は公表されていませんが、ウワサでは1台2億円以上のようで、先日発表されたブガッティの最新モデル「シロン」とともに、世界トップレベルのスーパーカーとして注目される存在となりそうです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。