スポンサーリンク
2016年3月1日火曜日

ブガッティ・シロンを正式発表!1500馬力で最高速度420km/hの新型スーパーカーに。

ブガッティ・シロン
世界が注目!ブガッティ・シロンが正式発表されました。(画像:プレスイメージより)

「ブガッティ・シロン」ついに正式発表。


ブガッティの新型モデルとして、開発段階から幾度となく話題となっていたスーパーカー「シロン」が、開催中のジュネーブモーターショーにてついに正式発表されました。

ブガッティ・ヴェイロンの後継モデルとして新たに登場する「ブガッティ・シロン」は、最高出力1500馬力、最高速度420km/hでリミッター作動、0-100km/hの加速2.5秒以下と公表され、先代のヴェイロンを超えるとともに、様々な面で世界でも最高レベルに仕上げられたスーパーカーとして登場することになります。


全てがスゴ過ぎる最強のスーパーカー「ブガッティ・シロン」

ブガッティ・シロン
最高出力1500馬力、0-100km/hまでの加速は2.5秒以下で最高速度は420km/h。
(画像:プレスイメージより)

ついにその姿や性能が明らかとなった「ブガッティ・シロン」は、ミッドシップに新開発の8.0リッターW型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力は1500HP、最大トルク1600Nm、0-100km/hまでの加速は2.5秒以下で最高速度は420km/h(ちなみに、420km/hというのはリミッターが作動する速度)に達するというとんでもない数値が公表されており、これは、先代モデルのギネス記録に認定された限定のアップグレード版「ヴェイロン16.4スーパースポーツ」には及ばないものの、ベースグレードの時点で世界最高レベルの性能になっていることは間違いなく、量産モデルとして販売され、普通に運転出来るクルマとして考えると信じられないようなスーパーカーとなっています。

ブガッティ・シロン エンジン
ブガッティ・シロンに搭載された新開発の8.0リッターW型16気筒クワッドターボエンジン。
(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン
「ブガッティ・ビジョン・グランツーリスモ」に近い印象のフロントデザイン。(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン テールライト
リアも「ビジョン・グランツーリスモ」に似た印象となっています。(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン スピードメーター
スピードメーターの最高速度は500km/h(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン キー
普通のキーとは別に最高速度まで出すための専用キーも。(画像:プレスイメージより)

ここでご紹介した最高速度については、さすがに通常の状態で踏めば加速出来るというわけではないようで、通常のキーとは別に専用の「スピードキー」が存在しており、それを使い「トップスピードモード」へ切り替えることで、様々な設定が変更され、公表された最高速度まで加速させることが可能とのことで、実際にリミッター作動のトップスピードモード以上の部分でどこまで加速出来るのかは分かりませんが、スピードメーターの表記は「500km/h」まで刻まれているという意味不明な仕様となっています。

その他の画像は以下より。
ブガッティ・シロン
ブガッティ・シロンのフロントグリル。(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン
「C」のラインを大胆に取り入れたスタイル。(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン
デザイン優先というだけでなく、空力的にも効果的なスタイルのようです。(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン
ヴェイロンよりも全体的に大きくなっています。(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン
全体を見るとヴェイロンとはかなり異なっているのが分かります。(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン
恐らく、このクルマが今後、各分野での世界トップになるのではないでしょうか?
(画像:プレスイメージより)

スタイリッシュなデザインへ進化した「ブガッティ・シロン」のデザイン。

ブガッティ・シロン デザイン
コンセプトカーに近い現代的でスポーティな雰囲気のエクステリアに。(画像:プレスイメージより)

「C」をモチーフにしたデザインが印象的なブガッティ・シロンのエクステリアデザインは、昨年発表されたコンセプトカー「ブガッティ・ビジョン・グランツーリスモ」にも近く感じられるスタイルとなっており、先代ヴェイロンのイメージを残しながらも、より現代的でスポーティでスタイリッシュな雰囲気となっており、サイズ的には全長、全高、全幅もそれぞれヴェイロンよりも広がり、その分室内のスペースも拡大されているようです。

ブガッティ・シロン インテリア
ブガッティ・シロンのインテリアは高品質な素材を多用した豪華な仕上がり。(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン インテリア
ただ単に高い性能を持つだけでなく、セレブがドライブするクルマとしての完成度も高いです。
(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン Cバー
中央にある調光可能なCバーが特徴的。(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン 運転席
シンプルな内装に様々な機能が搭載されています。(画像:プレスイメージより)
ブガッティ・シロン 収納
ちょっと狭いですが、フロントに荷物を載せることも出来ます。(画像:プレスイメージより)

また、インテリア面でも、レザーやアルミニウムを多用した豪華なデザインに仕上げられており、中央には「イルミネーションCバー」と呼ばれる調光可能なライトバーを装備、ブガッティ専用に開発された「スーパーカーで最も豪華なサウンドシステム」と呼ばれるオーディオシステムでは、コンサートホールでオーケストラを前にして座っているようなサウンドを聴くことが出来るようです。

ブガッティ・シロンの1台の価格は衝撃の3億円!価格でも世界トップレベルに。

ブガッティ・シロン 価格
世界限定500台、1台の価格は日本円にして約3億円に。(画像:プレスイメージより)

ブガッティといえば、先代のヴェイロンが世界でも最も高額なクルマの一つ(1台2億円以上)として有名だったので、今回登場する「シロン」が一体どのくらいの価格なのかにも注目が集まっていましたが、正式発表されたベースモデルの価格は240万ユーロ、日本円にするとなんと約3億円という衝撃的なプライスとなっており、数台限定のランボルギーニ・ヴェネーノやライカン・ハイパースポーツなど、さらに高額な車両はあったものの、生産台数がトータル500台という量産モデルのブガッティ・シロンが、実質的には世界で最も高額なクルマのトップに躍り出ることになりそうです。


今年の秋から納車開始とアナウンスされている「ブガッティ・シロン」、ちなみに、今回の正式発表よりも前から、既にVIP顧客向けにオーダーが開始されているというウワサの通り、ブガッティ・シロンは現時点で総生産台数の1/3が受注されているとのことなので、今後早い段階で完売してしまう可能性も高いと思われますが、ヴェイロンと同様にこれから日本にも何台かは入ってくるのでしょうか?

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。