スポンサーリンク
2016年5月24日火曜日

ジャガーF-TYPEの最上級グレード「F-TYPE SVR」が日本上陸!価格は1779万円から。

ジャガー F-TYPE SVR 日本 発売
ジャガー F-TYPE SVRの日本導入を発表。(画像:プレスイメージより)

ジャガー F-TYPE SVRが日本発売へ!最も速くパワフルなモデルに。


ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーブランドのスポーツカー「F-TYPE(Fタイプ)」の最上級グレードとなる「ジャガー F-TYPE SVR」を2016年6月1日(水)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注開始(発売は2016年秋を予定)すると発表しました。

SVRの名の付く「ジャガー F-TYPE SVR」は、ジャガー・ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発した高性能モデルとなっており、0-100km/h加速はわずか3.7秒で、最高速度は322km/h(クーペ)というジャガー史上、最も速くパワフルなモデルとなっています。


高性能な「ジャガー F-TYPE SVR」クーペが1779万円、コンバーチブルが1936万円に。

ジャガー F-TYPE SVR 日本 発売
ジャガー F-TYPEの最上級グレードとなる「SVR」(画像:プレスイメージより)

日本での受注開始がアナウンスされた2017年モデルの「ジャガー F-TYPE SVR」は、最高出力575PS、最大トルク700Nm を発生する5.0リッターV8スーパーチャージド・エンジンを搭載し、8速オートマチックトランスミッション、トルクオンデマンドの全輪駆動(AWD)システムである、インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)を最適化し組み合わせているとのことで、0-100km/h加速はわずか3.7秒で、最高速度(リミッター作動)はそれぞれ、「F-TYPE SVRクーペ」が322km/h、「F-TYPE SVRコンバーチブル」が314km/hというジャガー史上、最も速くパワフルなハイパフォーマンスモデルに仕上げられています。

ジャガー F-TYPE SVR 日本 発売
「SVR」はクーペとカブリオレが用意されます。(画像:プレスイメージより)
ジャガー F-TYPE SVR 日本 発売
こちらは「ジャガー F-TYPE SSVRクーペ」(画像:プレスイメージより)
ジャガー F-TYPE SVR 日本 発売
エクステリアデザインがベースグレードと異なっているのも印象的です。(画像:プレスイメージより)
ジャガー F-TYPE SVR 日本 発売
SVR専用20インチCoriolis鍛造アロイホイールを採用。(画像:プレスイメージより)
ジャガー F-TYPE SVR 日本 発売
こちらは「ジャガー F-TYPE SSVRコンバーチブル」(画像:プレスイメージより)
ジャガー F-TYPE SVR 日本 発売
抗力を抑制し強いダウンフォースを発生させるエアロダイナミックウィングを搭載。
(画像:プレスイメージより)

日本向けに導入される「F-TYPE SVR」シリーズの価格は、「F-TYPE SVRクーペ」が1779万円、「F-TYPE SVRコンバーチブル」が1936万円と設定されており、これらの価格はベースグレードのFタイプの車両本体価格が887万円となっているのを比較するとかなり高額ですが、「F-TYPE SVR」では、再検証を行い軽量化と剛性を強化を図っているほか、大型のフロント・エアインテークや専用設計のスプリッター、新設計のサスペンションシステムの採用、新しい軽量エグゾースト・システムや専用デザインの20インチ鍛造アロイホイールの装備など、性能を強化するためにベースグレードとは大幅に異なった仕様となっているようなので、このモデルは「圧倒的なパワーとパフォーマンス」を求めているオーナーさん向けの一台なのかもしれません。


ちなみに、同じ「SVR」の名前のついた高性能モデルは、ジャガーでは今回のF-TYPEが初ですが、ランドローバーでは「レンジローバー・スポーツSVR」が投入されており、こちらのSUVとしての加速性能は世界でもトップクラスで、ニュルブルクリンク北コースでのラップタイム8分14秒というSUVとしては最速タイムを記録しています。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。