スポンサーリンク
2016年6月11日土曜日

ホンダ「CR-Z」の生産を終了へ。特別仕様の「α・ファイナルレーベル」も登場。

ホンダ「CR-Z」の生産を終了へ。特別仕様の「α・ファイナルレーベル」も登場。
ホンダ「CR-Z」の2016年内の生産終了を発表。(画像:プレスイメージより)

ホンダ「CR-Z」の生産終了を発表。


ホンダは、2010年2月から販売されていたハイブリッドスポーツクーペ「CR-Z」の生産を年内で終了することを発表しました。

また、これまでの感謝の気持ちを込めた特別モデルとして「α・Final label(アルファ・ファイナルレーベル)」を6月10日より発売することもアナウンスされています。


累計4万台を販売。ホンダのスポーツハイブリッド「CR-Z」が生産終了。

ホンダ「CR-Z」の生産を終了へ。特別仕様の「α・ファイナルレーベル」も登場。
最終特別仕様車となる「アルファ・ファイナルレーベル」のインテリア。(画像:プレスイメージより)

ホンダの「CR-Z」は、ハイブリッドエンジン搭載のスポーツクーペとして2010年にリリースされ、累計販売台数は4万台。過去に2度のマイナーモデルチェンジが行われていましたが、6月9日に、2016年内をもって生産終了となることが発表されました。

また同時に、これまでの感謝の気持ちを込めた特別なモデルとして「α・Final label(アルファ・ファイナルレーベル)」を設定し、6月10日(金)より発売することも発表されており、こちらのモデルでは、「α」をベースに特別色の「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」(モノトーン)が設定されるほか、「CR-Z Final label」ロゴ刺しゅう入り・専用ブラックコンビシートや、同じくロゴ入りのアルミ製コンソールプレート、専用マット塗装17インチ軽量アルミホイールなどが装備されるとのことです。

ホンダ「CR-Z」の生産を終了へ。特別仕様の「α・ファイナルレーベル」も登場。
※こちらの写真は2013年モデルのCR-Zです。(画像:プレスイメージより)

以前には、CR-Zの後継モデルが登場するというウワサもありましたが、その辺りの真偽は不明なものの、現行のCR-Zは2016年で歴史に幕を下ろすことになるようです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。