スポンサーリンク
2016年6月22日水曜日

100年後のMINIはカーシェアリングを意識したデザイン?最新コンセプトモデルを公開。

100年後のMINIはカーシェアリングを意識したデザイン?最新コンセプトモデルを公開。
次の100年でMINIはこんなクルマに進化する!?(画像:プレスイメージより)

MINI、次の100年を意識したコンセプトカーを発表。


先日、BMWの創立100周年記念のコンセプトモデルとして、ロールスロイスが「103EX ビジョン・ネクスト100」を発表した話題をご紹介していましたが、同時に同じくBMW傘下の「MINI」も、次の100年を意識したデザインの最新コンセプトカーを発表していましたのでご紹介したいと思います。

なんと、今回MINIが発表したコンセプトカーは、「個人がクルマを所有しない時代」、つまりカーシェアリングサービスが当たり前となった未来を意識してデザインされたモデルとなっています。


未来の「MINI」は、個人がクルマを所有せずシェアすることが当たり前の時代を意識


100年後のMINIはカーシェアリングを意識したデザイン?最新コンセプトモデルを公開。
カーシェアリングを意識したデザインのコンセプトに。(画像:プレスイメージより)

今回、MINIが発表した最新コンセプトカー「MINI VISION NEXT 100」は、「もしも全てのMINIがあなたのものなら」というコンセプトで製作された近未来感がスゴいモデルとなっており、無人で利用者のもとへ走っていき、利用者それぞれを認識し、ドライバーが目的地に到着すると、そのまま別の利用者が運転して目的地まで・・・という、カーシェアリングサービスの未来を予感させる車両に仕上げられています。

100年後のMINIはカーシェアリングを意識したデザイン?最新コンセプトモデルを公開。
ドアはスライド式となっています。(画像:プレスイメージより)
100年後のMINIはカーシェアリングを意識したデザイン?最新コンセプトモデルを公開。
個人を認識してそれぞれに合わせた表示なども可能に。(画像:プレスイメージより)
100年後のMINIはカーシェアリングを意識したデザイン?最新コンセプトモデルを公開。
実際のところ、MINIのロゴが無いとMINIだと分からないかも。(画像:プレスイメージより)
100年後のMINIはカーシェアリングを意識したデザイン?最新コンセプトモデルを公開。
インテリアにはステアリングやアクセル、ブレーキもありました。(画像:プレスイメージより)
100年後のMINIはカーシェアリングを意識したデザイン?最新コンセプトモデルを公開。
ドアの開閉は足で選択するだけ。(画像:プレスイメージより)
100年後のMINIはカーシェアリングを意識したデザイン?最新コンセプトモデルを公開。
同時に発表されたロールスロイスのコンセプトカーとの並び。(画像:プレスイメージより)

先日ご紹介したロールスロイスのコンセプトカーの場合、キャビンには自動車らしいステアリングなどの装備が全く存在していないスタイルだったことを考えると、こちらのMINIの場合、アクセルやブレーキもあり、現在の自動車と同じようなシステムで動作しているようですが、100年先には、クルマは個人が所有せず、必要な時だけ呼び出して利用するような時代になっていたりするのでしょうか?

以下はMINIが公開したプロモーションビデオ。


BMW100周年を記念したコンセプトカーなので、今後実際にこんなクルマが登場するかは微妙(おそらく無い)な今回のモデル。「MINIの未来」として考えると違和感がありそうなスタイルですが、カーシェアリングやレンタカーの進化系としては面白いかもしれません。

関連記事
100年後のロールスロイスはこんなデザイン!?最新コンセプト「103EX」を発表。
BMWビジョン・ネクスト100を発表。創業100周年を記念したコンセプトカーに。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。