スポンサーリンク
2016年10月10日月曜日

発表後1ヶ月で完売した限定車「フェラーリF12tdf」の中古がオランダで約1億円で販売中。

フェラーリF12tdf 中古
フェラーリの限定車「F12tdf」の中古車が1億円以上で販売中。(画像:hoefnagelsより引用)

高すぎ?「フェラーリF12tdf」の中古が1億円以上で販売中。


2015年10月に発表され、一月後の11月中には限定生産の799台全てが完売してしまったと報じられていたフェラーリの限定車「F12tdf」ですが、オランダの自動車販売会社のウェブサイトにて、中古の車両が925000ユーロ、日本円にして1億円以上という価格で販売されています。


799台限定の「フェラーリF12tdf」、新車価格の倍くらいのプレミア価格に。

フェラーリF12tdf 中古
限定だけど、ちょっと高すぎ?新車価格は5000万円程度。(画像:hoefnagelsより引用)

オランダの自動車販売会社hoefnagelsのウェブサイトに現時点で掲載されている「フェラーリF12tdf」の情報によると、イエローカラーの車両で走行距離は6150km、20インチのアルミホイールが付属したモデルで、掲示されている価格は925000ユーロ、日本円にして1億円以上というプレミア価格となっています。

フェラーリF12tdf 中古
ブラックの20インチアルミホイール。(画像:hoefnagelsより引用)
フェラーリF12tdf 中古
インテリアにはF12tdfのプレート。(画像:hoefnagelsより引用)

もともと限定生産の高性能モデルとしてデビューした「フェラーリF12tdf」は、新車価格の時点でも通常のF12ベルリネッタよりも高額な5000万円程度、それが発売1年程度で中古で1億円以上となると限定と言ってもさすがにちょっと高いように感じます。

フェラーリF12tdf 中古
今だけ高額なのか、それともこれからもっと高くなるのか?(画像:hoefnagelsより引用)
フェラーリF12tdf 中古
各所にカーボンファイバーパーツが採用されています。(画像:hoefnagelsより引用)
フェラーリF12tdf 中古
コックピットはこんな雰囲気。(画像:hoefnagelsより引用)
フェラーリF12tdf 中古
F12tdfは通常のF12に比べ軽量化が施されているのも特徴です。(画像:hoefnagelsより引用)
フェラーリF12tdf 中古
最高出力780PSの6.3リットルV12エンジンを搭載し、0-100km/hまでの加速は2.9秒。
(画像:hoefnagelsより引用)

その要因として新型車のため、現時点であまり中古の車両が少ないことで高額なのか、それともこれからもこのような金額のまま取引され続けるのかは分かりませんが、新車で買えなかった億万長者の場合、「1億円以上を払ってでも今すぐ納車」なら新車の倍の価格でも購入してしまうものなのでしょうか?

フェラーリF12tdf 中古
新車発表から1年程度で6000キロは結構走っている感じですね。(画像:hoefnagelsより引用)

ちなみに、ちょうど1年くらい前に発表され、その後に納車された新型車なのに走行距離が6000kmを超えているということで、もとの所有者は納車後、短期間の所有で結構運転を楽しんでから手放したようですね。

関連記事
フェラーリ「F12tdf」を正式発表!799台限定の高性能モデルに。
2015年10月に発表された限定車「フェラーリF12tdf」が11月には完売!?

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。