2016年12月4日日曜日

「F1」を受け継ぐマクラーレンの新型スーパーカー「Hyper-GT」限定台数106台全てが販売済みに。

「F1」を受け継ぐマクラーレンの新型スーパーカー「Hyper-GT」限定106台はすでに完売。
マクラーレンF1を受け継ぐ新型スーパーカー「ハイパーGT」は限定106台が全て販売済みに。
(画像はマクラーレンF1のプレスイメージより© Copyright McLaren Automotive Limited.)

マクラーレンが2019年に発売を目指す新型スーパーカー「Hyper-GT」


数ヶ月前から海外自動車メディアなどで「マクラーレンF1」の後継車種としてウワサが出ていることでも話題となり、11月にマクラーレンの新プロジェクト「スリーシート・ビスポーク・プロジェクト」として開発が進められていることが正式に発表された新型スーパーカー「Hyper-GT(ハイパーGT)」は、現時点でデザインも含め開発段階にもかかわらず、限定台数の106台全てが販売済みとなっているようです。


限定106台はすでに完売。「Hyper-GT(ハイパーGT)」はマクラーレン史上もっとも豪華なモデルに。

「F1」を受け継ぐマクラーレンの新型スーパーカー「Hyper-GT」限定106台はすでに完売。
マクラーレンが公式発表に合わせて公開したイメージ。(©Copyright McLaren Automotive Limited.)

マクラーレンの発表によると、同社のビスポーク部門が手がける新プロジェクト「Bespoke Project 2(ビスポーク・プロジェクト・ツー)」により開発され、3シートのレイアウトからコードネーム「BP23」と呼ばれ、2019年にも納車が開始される計画の新型スーパーカー「Hyper-GT(ハイパーGT)」は、デザインも含め現時点で開発段階であるにもかかわらず、限定106台の全てが既に販売済みとなっているとのこと。

「F1」を受け継ぐマクラーレンの新型スーパーカー「Hyper-GT」限定106台はすでに完売。
新型車はマクラーレンのビスポーク部門「MSO」が開発を担当するとのこと。
(©Copyright McLaren Automotive Limited.)

マクラーレンの新型スーパーカー「Hyper-GT(ハイパーGT)」の詳細については、新コードネームBP23「Hyper-GT」と表記されていることから、名前自体もこのままでリリースされるかも不明で、今のところベールに包まれている部分がほとんどですが、公式発表によると、中央にドライビング・ポジションがある3シートのレイアウトを「マクラーレンF1」から受け継ぎ、カーボンファイバー製ボディの「シュリンクラップ」デザインによる流線型のエレガントな外観を備えた「マクラーレン史上もっとも豪華なモデル」となっているとのことで、そのほか、ハイブリッドパワートレインが採用され、マクラーレン車のなかでも屈指のパワーを持ちながら、3人が乗車している状態でも高いレベルの快適性を備えており、長距離移動が可能となっているとのことです。

「F1」を受け継ぐマクラーレンの新型スーパーカー「Hyper-GT」限定106台はすでに完売。
生産台数はマクラーレンF1と同じ106台に限定されており全て販売済み。
写真はマクラーレンF1(©Copyright McLaren Automotive Limited.)

販売価格は数億円になると予想されているマクラーレンの「Hyper-GT(ハイパーGT)」は、上記の情報の他に、ドアの開口部がルーフまで展開するという跳ね上げ式のディヘドラル・ドアが採用されるなどのことしか公表されていませんが、やはり、「マクラーレンF1」の後継的な車種となると、「F1」のオーナーさんや「P1」のオーナーさんを優先した販売なのでしょうか?

ちなみに、公表されている情報以外の仕様詳細は、ローンチが近づいた頃に発表される予定とのことです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。


広告




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。