2017年1月20日金曜日
(画像の高さ) (画像の幅)

4台限定で価格は4420万円!「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」が日本上陸。

4台限定で価格は4420万円!「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」が日本上陸。
最上級ラグジュアリーオープンカー「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」が日本上陸!
(画像:プレスイメージより)

「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」が4台限定で日本発売。


メルセデスベンツの超高級車ブランド「メルセデス・マイバッハ」の最新モデルとして2016年11月のロサンゼルスモーターショーにて発表された最上級ラグジュアリー4シーターオープンカー「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」が、4台限定で日本上陸し、1台4420万円で発売されることが発表されました。


1台4420万円、マイバッハの超高級オープンカー「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」

4台限定で価格は4420万円!「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」が日本上陸。
世界で300台、日本に導入されるのはわずか4台の希少なモデル。(画像:プレスイメージより)

日本で4台限定で発売される「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」は、全世界でも300台のみの生産の超高級オープンカーで、「メルセデスAMG S65カブリオレ」をベースに専用デザインを施し、クラシカルで美しい内外装に仕上げられた最上級モデルとなっており、フロント、サイド、リアの随所にクロームを採用したエクステリアや、2013年に発表されたコンセプトカー「コンセプトSクラスクーペ」のアイデアを部分的に取り入れたインテリア、片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDヘッドライト、専用デザインの20インチホイールなどが特徴となっています。

4台限定で価格は4420万円!「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」が日本上陸。
3417万円のS65カブリオレをベースにさらに豪華に仕上げた特別モデル。(画像:プレスイメージより)
4台限定で価格は4420万円!「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」が日本上陸。
ホイールのデザインもマイバッハ仕様に。(画像:プレスイメージより)
4台限定で価格は4420万円!「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」が日本上陸。
高品質な素材を使用し各所にマイバッハのロゴの入ったインテリア。(画像:プレスイメージより)

「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」の詳細については、ワールドプレミアの際に掲載した「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」を発表!マイバッハブランドの超高級オープンカーとして登場。」の記事でも詳細をご紹介していますので、画像や動画、仕様などはこちらでもご確認いただけますが、今回、日本導入される車両にも、がトラベルラゲッジセットとしてトラベルバッグ2個とライフスタイルバッグ2個が付属しているとのこと。

4台限定で価格は4420万円!「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」が日本上陸。
カップホルダーカバーにクロームで仕上げた「1 of 300」のレタリングも。(画像:プレスイメージより)
4台限定で価格は4420万円!「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」が日本上陸。
マイバッハエンブレム付キーホルダー&トラベルバッグおよびライフスタイルバッグも付属。
(画像:プレスイメージより)

国内向けの「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」は、6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は630PS、最大トルクは1000Nm、ステアリングは左のみの設定で、価格は4420万円。注文受付の締め切りは1月31日で、納車開始は2017年第4四半期以降を予定。


4台のみ導入される「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」のうち1台は写真と同じエクステリアカラーのものとなり、そのほか3台については、エクステリアが16色、インテリアが10色、インテリアトリムが4種類、ソフトトップが5色でオーナーの好みに合わせて選択することが出来るとのことなので、おそらく、4台それぞれが異なった印象の車両になるのではないかと思われます。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。





Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。