2017年4月25日火曜日

ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!

ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
ポルシェからステーションワゴンスタイルの新型車「パナメーラ・スポーツツーリスモ」が登場!
(画像:プレスイメージより)

ポルシェ「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!


ポルシェは、スイスで開催されているジュネーブモーターショーにて、パナメーラの新しいボディバリエーションとなる新型モデル「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表しました。

「パナメーラ・スポーツツーリスモ」は、高性能モデルでありながら、実用性を意識したステーションワゴンスタイルの新型車となっており、このクラスの他のモデルにはない多様性を実現し、ポルシェ特有のあらゆる価値と特徴が受け継がれたモデルとして登場することになります。

2017年4月更新:「ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモ」の日本での予約受注開始及び価格などが発表されましたので記事内に情報を追加掲載しております。

ポルシェのステーションワゴン。パナメーラの新バリエーションとして登場。

ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
パナメーラをベースにした新バリエーションとなる「パナメーラ・スポーツツーリスモ」
(画像:プレスイメージより)

スポーツカーのイメージが強いポルシェですが、SUVの「カイエン」や「マカン」、スポーツサルーンの「パナメーラ」といった幅広いモデルがラインアップされていることでも知られており、今回発表された「パナメーラ・スポーツツーリスモ」は、「パナメーラ」の新バリエーションとして新しい方向性を打ち出した「ステーションワゴン」スタイルのモデルです。

ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
ジュネーブモーターショーにてワールドプレミアされた「パナメーラ・スポーツツーリスモ」
(画像:プレスイメージより)
ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
パナメーラよりも日常での使用が意識されているのが特徴。(画像:プレスイメージより)
ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
「パナメーラ・スポーツツーリスモ」のサイド。(画像:プレスイメージより)

パナメーラ・スポーツツーリスモ」のサイズは全長5,049mm、全高1,428mm、全幅1,937mmで、延長されたホイールベースは2,950mm。技術およびデザインの面では、昨年登場した新型のパナメーラに導入された技術が網羅されているほか、ポルシェデザインのDNAを反映したダイナミックなプロポーションに、パナメーラとは異なる電動操作を標準装備したワイドな開口部のテールゲートを採用。これによりリアシート上端までのラゲッジコンパートメントの容量は520リッターとなり、パナメーラを上回る荷室容量が確保されており、さらに全てのバックレストを格納してローディングフロアの高さにすると、荷室容量は1,390リッターまで拡張されるとのこと。

ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
パナメーラと異なる「パナメーラ・スポーツツーリスモ」のリアデザイン。(画像:プレスイメージより)
ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
「パナメーラ・スポーツツーリスモ」のインテリア。(画像:プレスイメージより)
ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
パナメーラを超える(画像:プレスイメージより)
ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
高級ステーションワゴンとして室内もラグジュアリーな空間に。(画像:プレスイメージより)
ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
「パナメーラ・スポーツツーリスモ」の後席は3人掛けとなっています。(画像:プレスイメージより)
ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
「パナメーラ・スポーツツーリスモ」のインパネ。(画像:プレスイメージより)

また、今回の「パナメーラ・スポーツツーリスモ」では、今までのパナメーラにはなかった後部座席が3人掛けとなっているのも特徴で、快適性や実用性の面でパナメーラよりも日常での使用を意識したモデルに仕上げられています。

ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
テールゲートを開けるとこのような状態に。(画像:プレスイメージより)
ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
「パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ」(画像:プレスイメージより)
ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
高性能な「パナメーラ・ターボ・スポーツツーリスモ」もラインアップ。(画像:プレスイメージより)

より実用的なポルシェのイメージとなっている「パナメーラ・スポーツツーリスモ」ですが、最上位モデルとなる「パナメーラ・ターボ・スポーツツーリスモ」では最高出力が550PS、最高速度は304km/h、スポーツクロノパッケージ装着時の0-100km/h加速は3.6秒(通常で3.8秒)と公表されており、ラグジュアリーでありながらポルシェのスポーツカーとしての魅力も共存しているようです。


「パナメーラ・スポーツツーリスモ」の予約受注を開始。日本での価格も発表。

ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表!
「パナメーラ・スポーツツーリスモ」の日本での価格は1297万円から。(画像:プレスイメージより)

ポルシェ・ジャパンは、ジュネーブモーターショーにて初披露された「パナメーラ・スポーツツーリスモ」の予約受注を4月20日より日本全国のポルシェ正規販売店にて開始し、車種及び販売価格を発表しました。

日本向けにラインアップされる「パナメーラ・スポーツツーリスモ」は以下の通りです。

・パナメーラ4 スポーツツーリスモ/1297万3000円
・パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ/1521万3000円
・パナメーラ4 S スポーツツーリスモ/1704万3000円
・パナメーラターボ スポーツツーリスモ/2453万3000円

日本導入される「パナメーラ・スポーツツーリスモ」のトランスミッションは全車8速PDKで、ハンドルは右ですが、パナメーラターボ スポーツツーリスモのみ左ハンドル車が4月26日までの期間限定で予約受注可能とのことです。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。


広告


Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。