2014年5月14日水曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

「ロールスロイス・ファントム」に別注モデル「ウォータースピードコレクション」が登場

ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション
「ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション」
(画像:プレスイメージより)

「ロールスロイス・ファントムクーペ」に特別仕様車の「ウォータースピード」が登場


ロールスロイスのフラッグシップモデル「ファントム」のオープンカー「ドロップヘッドクーペ」に別注モデルとなる「ウォータースピードコレクション」が発表されました。

少々長い名前の車ですが、「ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション」は過去にイギリスの自動車、バイクのレーサーとして活躍し、ロールスロイス社製のR型エンジンを搭載したスピードボートで最速を記録したマルコム・キャンベル氏をモチーフに作られたモデルとなっており、全体にブルーのカラーが多く使われたデザインが採用されています。


マジョーレブルーが美しい「ロールスロイス・ファントムクーペ・ウォータースピード」

ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション
「ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション」
(画像:プレスイメージより)

名前が長いのでここからは「ウォータースピードコレクション」に略して掲載したいと思います。

ロールスロイスファントムのウォータースピードコレクションでは、ハンドル、カップホルダー、センターコンソール部分などのほかに、ホイールやエンジン部分にもマジョーレブルーのカラーが採用されており、超高級車としてのロールスロイスの威厳とともに、どこか軽やかさを感じられるイメージとなっています。



ロールスロイスより公開された「ウォータースピードコレクション」の写真は以下より

ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション
「ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション」
(画像:プレスイメージより)
ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション
「ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション」
(画像:プレスイメージより)
ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション
「ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション」
(画像:プレスイメージより)
ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション
「ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション」
(画像:プレスイメージより)
ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション
「ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション」
(画像:プレスイメージより)

ブラックやホワイトの厳ついロールスロイス・ファントムも良いですが、写真でもあるように、このような爽やか系カラーのオープンモデルも雄大な大自然などの風景にピッタリだと思います。

ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション
「ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ・ウォータースピードコレクション」
(画像:プレスイメージより)

今回発表されたファントムの「ウォータースピードコレクション」は、ブルーバードガレージでのイベントやイタリアのコモ湖畔で開催される「コンクール、コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2014」にて公開されるようです。

今見ている記事をブックマークできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Idea Web Toolsのロゴ
Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

・2018年12月27日:使用していたシステムがSSL化に対応できない為、PC/スマホ向けで表示していた最新記事一覧を一部変更しております。



Idea Web Toolsの5周年記念のバナー

当サイト「Idea Web Tools」が2013年に運営を開始し、2018年で5周年を迎えました。