2014年6月28日土曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

レース専用モデル「マクラーレン650S GT3」を発表

マクラーレン650S GT3
レース専用車「マクラーレン650S GT3」(画像:プレスイメージより)

マクラーレン650S GT3を発表。


マクラーレンは、開催中の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にて、レース専用に設計されたモデルとなる「マクラーレン650S GT3」を発表しました。

「マクラーレン650S GT3」は生産終了となったMP4-12CをベースにしたGT3モデル「マクラーレンMP4-12C GT3」の後継車種となっており、ジュネーブモーターショーで発表された最新モデルとなる「マクラーレン650S」に最新テクノロジーを投入した車両となっています。


「マクラーレン650S GT3」の登場で「MP4-12C GT3」のオーナー向けアップグレードも用意。

マクラーレン650S GT3
「マクラーレン650S GT3」(画像:プレスイメージより)

今回発表された「マクラーレン650S GT3」では、マクラーレン650Sクーペをベースにした最新のレーストラック専用モデルとしての空力や視認性をはじめ、カーボンファイバー素材を使用したボディキットの採用や、エアインテークやスプリッターの大型化など、先代モデル「マクラーレンMP4-12C GT3」からフィードバックされた情報を元に様々な部分の改良を行っているモデルとなります。

マクラーレン650S GT3
「マクラーレン650S GT3」(画像:プレスイメージより)
マクラーレン650S GT3
「マクラーレン650S GT3」(画像:プレスイメージより)
マクラーレン650S GT3
「マクラーレン650S GT3」(画像:プレスイメージより)
マクラーレン650S GT3
「マクラーレン650S GT3」(画像:プレスイメージより)
マクラーレン650S GT3
「マクラーレン650S GT3」(画像:プレスイメージより)
マクラーレン650S GT3
「マクラーレン650S GT3」(画像:プレスイメージより)

「マクラーレン650S GT3」の価格は、日本円にして5700万円程度となり、来年2015年に限定での発売が予定されています。

マクラーレン650S GT3
「マクラーレン650S GT3」(画像:プレスイメージより)
マクラーレン650S GT3
「マクラーレン650S GT3」(画像:プレスイメージより)
マクラーレン650S GT3
「マクラーレン650S GT3」(画像:プレスイメージより)
動画は「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」での発表の様子。



また、既存の「マクラーレンMP4-12C GT3」のオーナー向けに「アップグレードパッケージ」も用意され、これにより「650S GT3」が提供するアップデートと拡張機能の恩恵を受けることが出来、12CのGT3カーの寿命を延ばすことが出来るとも発表されていますが、これはプログラムや装備などのアップデートを意味しているのでしょうか?それとも新型車に取り替えてもらえるということなのでしょうか?
「マクラーレン650S」の最新関連ニュース
この記事についてSNSでシェア出来ます。

広告



Idea Web Toolsのロゴ
Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。


Idea Web Toolsの運営に関するお知らせ。
・2019年3月:今月はジュネーブモーターショー関連の新型モデルやコンセプトカーの記事を多めに掲載しています。



Idea Web Toolsの5周年記念のバナー

当サイト「Idea Web Tools」が2013年に運営を開始し、2018年で5周年を迎えました。