2018年3月12日月曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

マクラーレン「セナ・GTRコンセプト」を発表!75台限定のサーキット専用車、価格は約1億5000万円に。

マクラーレン・セナ・GTR
マクラーレン・セナのサーキット専用モデル「セナ・GTR」を発表。(画像:プレスイメージより)

「マクラーレン・セナ」のサーキット専用バージョン「セナ・GTRコンセプト」を発表。


マクラーレンは、開催中のジュネーブモーターショー2018にて、昨年12月に発表された最新の限定ハイパーカー「マクラーレン・セナ」のサーキット専用バージョンとなる「マクラーレン・セナ・GTR」のコンセプトモデルを初披露しました。

「マクラーレン・セナ・GTR」は、公道走行可能な「セナ」よりも高性能に仕上げられたサーキット走行性能モデルで、最大で75台のみの限定生産モデルとなっており、1台の価格はおよそ100万ポンド、日本円にして約1億5000万円になるとのことです。

75台限定、価格は約1億5000万円。「F1 GTR」「P1 GTR」の系譜を継承した「セナ・GTR」

マクラーレン・セナ・GTR
現時点では詳細は明かされていない部分も多いですが、75台限定で約1億5000万円で発売予定とのこと。
(画像:プレスイメージより)

マクラーレンの発表によると「マクラーレン・セナ・GTR」は、公道走行可能なハイパーカーとして2017年の12月に発表されていた「マクラーレン・セナ」に比べ、パワーやトルクの増大と、サーキット専用トランスミッションと改良されたダブルウィシュボーン式サスペンション、Pirelli製スリック・タイヤがもたらすさらなる効果により1000kgに達するダウンフォースを実現、フォーミュラ1を除くマクラーレンでの最速のラップタイムを記録したサーキット専用バージョンとなっているとのことで、詳細なテクニカルデータについては今年後半にも明かされる予定とのことですが、公道走行が可能な「セナ」よりも増大されたパワーとトルクにより、直線でのスピードはセナの「スタンダード」のモデルより速くなるなど、具体的な数値などは未公表ながら、すでにベースモデルを上回る高性能モデルであることが示唆されています。

マクラーレン・セナ・GTR
マクラーレン・セナ・GTR
マクラーレン・セナ・GTR
マクラーレン・セナ・GTR
マクラーレン・セナ・GTR
マクラーレン・セナ・GTR
マクラーレン・セナ・GTR

また、最初にもご紹介した通り、最大で75台のみの限定生産モデルとなっており、1台の価格はおよそ100万ポンド、日本円にして約1億5000万円になることもアナウンスされており、昨年末に発表された500台限定の「マクラーレン・セナ」自体が、デビュー前に完売していることから、今回の「マクラーレン・セナ・GTR」についても、早い段階で(もしかしたらもうすでに)完売してしまう可能性も高そうです。


普通のマクラーレンを新車で買える時点でもかなり富裕層なイメージですが、その上の「P1」や「P1 GTR」、「セナ」、サーキット走行専用の今回の「セナ・GTR」などの、1台が数億円で、世界でも選ばれた人しか買えないレベルの車の購入層については、正直、なんだかもう次元が違いすぎて想像できません。
記事についてSNSでシェア出来ます。


広告




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。