シボレー、新型「コルベット・スティングレイ」を発表!初のミッドシップエンジン搭載モデルに。

シボレー コルベット スティングレイ 新型 2020年

新型「コルベット・スティングレイ」はミッドシップエンジンで右ハンドルも用意!


シボレーは、高性能スポーツカー「コルベット」の最新モデルとなる2020年式新型「シボレー コルベット スティングレイ」を発表しました。

「シボレー・コルベット・スティングレイ」は、コルベットブランド史上初となるミッドシップエンジンを搭載したモデルとなっており、従来の全てのシボレーモデルの集大成と位置づけられて新たに開発されたモデルとのことで、さらに、コルベットでは初となる右ハンドル車が生産され、日本市場へ導入されることも明かされています。


初のミッドシップエンジンレイアウトが採用された新型「シボレー・コルベット・スティングレイ」

シボレー コルベット スティングレイ 新型 2020年
シボレーが発表した新型「コルベット・スティングレイ」(画像:プレスイメージより)

今回発表された新型「シボレー・コルベット・スティングレイ」は、これまでのモデルとは異なり、初めてミッドシップエンジンレイアウトを採用しているのが特徴で、これにより、リア寄りの重量配分により、ストレートおよびサーキットでのパフォーマンスが向上しているほか、ドライバーがほぼフロントホイールの真上に座るような、フロントアクスル寄りのドライビングポジションとなり、レスポンスと操作性が向上するなどしているとのこと。

シボレー コルベット スティングレイ 新型 2020年
シボレー コルベット スティングレイ 新型 2020年
シボレー コルベット スティングレイ 新型 ミッドシップエンジン
ミッドマウントされた6.2リットルエンジンはガラス越しに見ることできます。

「シボレー・コルベット・スティングレイ」に搭載されるエンジンは、シボレーの次世代型6.2リッター・スモールブロックV8 LT2エンジンとなり、パフォーマンスエキゾースト装着時の最高出力は495HP、最大トルクは637Nm、Z51パッケージを装着した際の0-60mphの加速は3秒以下という、エントリーモデルとしては過去最大のパワー、トルク、加速性能であるとアナウンスされています。

デザインは戦闘機やレーシングカーにインスパイア。快適性や実用性も重視されたスポーツカーに。

シボレー コルベット スティングレイ 新型 2020年
デザインは最新の戦闘機やF1マシンなどを意識したものとなっているとのこと。

新型「シボレー・コルベット・スティングレイ」のデザインは、エクステリアでは航空機とレーシングカーのデザインをルーツとしているとのことで、キャノピー(風防)をフロント寄りに置いたデザインは、F22やF35といった最新のジェット戦闘機やF1レーシングカーにインスパイアされたものとなっており、これまでのコルベットを踏襲しながらも、アスリートの引き締まった筋肉質ボディのような彫刻的な造形により、躍動感と力強さが表現されています。

シボレー コルベット スティングレイ 新型 2020年
シボレー コルベット スティングレイ 新型 2020年
シボレー コルベット スティングレイ 新型 2020年
シボレー コルベット スティングレイ 新型 2020年

また、日常での利用に適したスーパーカーを目指して開発されたというだけあり、軽量で剛性の高い構造体は、サスペンションが最適に機能するための基盤を構築し、ボディのたわみが取り除かれたことで、究極の乗り心地と卓越した横方向のグリップ能力を提供することが出来るとのことで、これにより、高速走行や長距離走行でも振動が少なく、路面に吸い付くような安定したフィールが実現されているとのこと。

シボレー コルベット スティングレイ 新型 2020年 インテリア
新型「コルベット・スティングレイ」のインテリアデザイン。
シボレー コルベット スティングレイ 新型 2020年 収納
ミッドシップレイアウトでありながら、ゴルフクラブも収納することが出来る荷室容量も。

さらに、実用性の面では、デュアルトランクにより、約357リッターの荷室容量が確保されているため、旅行の荷物や2セット分のゴルフクラブを収納することが可能となるなど、「スーパーカー」的な印象の見た目や、サーキットなどでの走行だけでなく、実際に普段の使用を意識した設計となっているようです。

コルベット初の右ハンドルが生産決定!日本市場にも導入へ!


そして、今回の新型「シボレー・コルベット・スティングレイ」で注目されているのは、コルベットでは初めて、右ハンドル仕様のモデルが生産されることが決定し、右ハンドル仕様が日本市場に導入される予定であるという点であり、実用性のあるミッドシップエンジンがガラス越しに見える高性能スポーツカーで、右ハンドルが日本で正規輸入され、恐らくですが、価格的にも、欧州や国産のミッドシップスーパースポーツと比較すると半分程度となれば、もしかすると、これまでとは異なる購買層の選択肢になる可能性もありそうですね。
シボレー、新型「コルベット・スティングレイ」を発表!初のミッドシップエンジン搭載モデルに。 シボレー、新型「コルベット・スティングレイ」を発表!初のミッドシップエンジン搭載モデルに。 Reviewed by hossy on 22 7月 Rating: 5
Powered by Blogger.