スポンサーリンク
2013年9月8日日曜日

BMWの最新コンセプトカーまとめ

BMWコンセプトカー ロゴ

BMWが発表したコンセプトカーをまとめてみた。


先日、BMW Z5の記事やBMW i8の記事などBMWのコンセプトカーについての話題を立て続けに掲載していたので、今回はそんなBMWが過去に発表したコンセプトカーをまとめてみました。

デザインや技術など、普通には実現不可能なものも含めて市販車とは別の魅力を持ったコンセプトカーの魅力的な世界観を動画や画像を通して感じていただければと思います!




現在、市販化を控え開発されているBMWのコンセプトカー↓

まず始めに、現在BMWが力を入れて開発していると思われる新ジャンルのカテゴリ「BMW i」ブランドにてリリースが予定されているモデルのコンセプトカーをご紹介します。このカテゴリはBMW Vision Efficient Dynamicsの概念の「エコとパフォーマンスの両立」を目指したモデルとなります。

BMW i8

BMW i8コンセプトカー(BMW公式プレスリリースより)
BMW i8コンセプトカー(BMW公式プレスリリースより)
BMW i8 コンセプトカー
BMW i8コンセプトカー(C)BMW Media.

BMWが次世代を担うスーパーカーとして実際にリリース予定のBMW i8のコンセプトモデルです。

もともとはBMW Vision EfficientDynamicsという名前のコンセプトとして発表されていたものがもとになっていると思われ、量産モデルのハイブリッドスーパーカーに向けてi8という名前になっています。
BMW i8 コンセプトカー
BMW i8コンセプトカー(C)BMW Media.

電気自動車ではなくプラグインハイブリッドのクルマとなっており、リッター44km/hという驚異的な燃費性能と最大250km/hという最高速度、そして0-100km/hの加速は4.6秒という設定となっており、近々のリリースに向けて現在開発が進められています。

BMW i8 コンセプトカー
BMW i8コンセプトカー(C)BMW Media.




現実的にはガラスを多用したスケルトンなボディーデザインや、近未来的な技術を取り入れたミッションインポッシブルで登場していた時のようなインテリアにする事は難しいと思いますが、それでもガルウイングのドアやスタイリッシュなボディーの流れは受け継がれリリースに向けて進行中のようです。

追記:BMW i8の市販モデルが正式発表されました!

BMW i8
BMW i8市販モデルの詳細は以下のリンクより↓

詳細についてはこちらの「BMWが新型スポーツカー「BMW i8」の市販モデルを正式発表」の記事よりBMW i8の写真や動画も含めてご覧いただく事が出来ます。



BMW i3

BMWコンセプトカー  i3
BMW i3(BMW公式プレスリリースより)

BMW i3はコンパクトタイプの4人乗りハッチバックモデルのコンセプトカーとして発表され、現在市販に向けて開発が進められているモデルです。
BMWコンセプトカー  i3
BMW i3(BMW公式プレスリリースより)

こちらのモデルはPHV(ハイブリッドカー)ではなくEV(電気自動車)となっており、カーボンファイバーやアルミを使用した車両の重量は1195kgでコンパクトカーの中では最軽量のクルマになる見込みです。

また、このクルマの場合はリッターいくらという記載にならないのですが、一回の充電により、最大で160kmの走行が出来るとのこと。

こちらのBMW i3は2014年には日本を含む各国で販売が開始される予定で、価格は500万円前後になる予想です。

BMWコンセプトカー  i3
BMW i3の発表イベントの様子(Official BMW i3 Unveiling - Live Eventより)

上の画像は実際に発売されるBMW i3のデザイン。
デザインがBMWっぽくないかも。というか、そのままコンセプトカーをリリースしてしまったようなデザインです。






BMW i8 Concept Spyder

BMWコンセプトカー  i8
コンセプトカー BMW i8 Concept Spyder.(BMW公式プレスリリースより)

BMW i8 Concept SpyderはBMW i8のオープンタイプのモデルとして発表されているコンセプトカーです。

BMWコンセプトカー  i8
コンセプトカー BMW i8 Concept Spyder.(BMW公式プレスリリースより)
BMWi8コンセプトスパイダーはオープンモデルのスポーツカーらしく2シーターのクルマとなっており通常のBMW i8コンセプトにあったグラスルーフはドア部分にも採用されておらず、現実的な設計のスーパーカーとコンセプトカーデザインの中間点のようなモデルとなっています。

3気筒ガソリンターボエンジンとリチウムイオンバッテリーが採用されており、バッテリー単体で2時間程度の充電でも最大30kmの走行も可能とのこと。

通常のi8に比べてデザインが現実的なので、もしBMW i8に続いてリリースされたら現在のコンセプトモデルのイメージに近いものになるのではないかと予想されます。



BMWが現実的に市場投入を見据えていると思われるコンセプトカー。

ここからはBMWが今後、新たに市場投入を視野に入れて現実的にデザインされたと思われるコンセプトカーをご紹介します。

デザイン面では突拍子もないコンセプトカー的な部分は少なく、普通に市販されていてもおかしくないものばかりとなり、今後のBMWの進む方向を垣間みる事が出来ます。


BMW コンセプト アクティブツアラー

BMWコンセプトカー  Active Tourer.
コンセプトカー BMW Concept Active Tourer.(BMW公式プレスリリースより)

BMWコンセプトアクティブツアラーはBMWが将来的に小型のMPVの市場へ参入する事を見据えて制作されたと思われるコンセプトカーです。

BMWコンセプトカー  Active Tourer.
コンセプトカー BMW Concept Active Tourer.(BMW公式プレスリリースより)

実際に日本で人気の高いMPV(ミニバン)のようなジャンルとなっており、広い室内空間やスポーティかつアウトドアを意識したデザインのため、リリースされるとしたらXシリーズのようなSUVとともに人気が高まりそうです。



アウトドア向けに仕様変更されたコンセプトモデル「BMW コンセプト アクティブツアラー アウトドア」がドイツで開催されたアウトドア関係の見本市に出展されており、アウトドアレジャーに適したアクセサリーや素材を取り入れ、もし実際に市販車としてリリースされればXシリーズと同様に様々なシーンで活用出来るようなモデルになることは間違いなさそうです。

BMW コンセプトカー アクティブツアラー
BMW Concept Active Tourer Outdoor(BMW公式プレスリリースより)

こちらの「BMW コンセプト アクティブツアラー」にはプラグインハイブリッドが採用されているので、コンセプトカーの仕様では平均燃費はリッター40kmに達し、電気モーターのみでの渡航でも相当な距離を走れる「頼れるMPV」となります。

「BMW 2シリーズ・アクティブツアラー」が市販モデルとして正式に発表されました!詳細はこちらよりご覧いただけます。


BMW コンセプトCS

BMWコンセプトカー   CS
コンセプトカー BMW Concept CS (2007).BMW Design Concept Cars.official pressより。

こちらのBMWコンセプトCSは実際に2008年頃に市販される方向で開発が進められていたラグジュアリー4ドアグランツーリスモのモデルです。

コンセプトカー BMW Concept CS (2007).BMW Design Concept Cars.official pressより。

デザイン面では現在の6シリーズグランツーリスモに近い雰囲気となっており、サイズが現在のBMWで最上位に位置する7シリーズセダンよりも大きくなるため、7シリーズの上の「BMW 8シリーズ」になるのでは?などと考えられていました。

コンセプトカー BMW Concept CS (2007).BMW Design Concept Cars.official pressより。

当時、景気の悪化などから発売が見送られてしまい現在までBMW コンセプトCSはリリースが行われていませんが、今後のBMWの売り上げや景気動向を踏まえて市場投入も考えられているようです。




BMW × ピニンファリーナ「グランルッソクーペ」

BMWコンセプトカー  Gran Lusso Coupe
2013 BMW Pininfarina Gran Lusso Coupe 公式プレスリリースより。

BMWとピニンファリーナが共同で開発したコンセプトカー「グランルッソクーペ」です。

BMWコンセプトカー
2013 BMW Pininfarina Gran Lusso Coupe 公式プレスリリースより。

上にご紹介した「BMW コンセプトCS」のクーペ版とも言うべき美しいデザインとなっており、実際に市販されそうな6シリーズを思わせるスタイリッシュなボディーに巨大な21インチのホイール、鋭く光るヘッドライトが印象的なコンセプトカーです。

BMWコンセプトカー
2013 BMW Pininfarina Gran Lusso Coupe 公式プレスリリースより。


また、インテリアにもこだわり、2ドア4シーターでレザーをふんだんに使った室内デザインに加えウッドトリムにはニュージーランド産の樹齢48000年のカウリマツが使用されるという豪華仕様。


BMW ザガート・ロードスター

BMWコンセプトカー ザガート

BMW Zagato Roadster Concept(公式プレスリリースより)


イタリアのザガート(Zagato)とのコラボレーションによりデザインされたBMW Z4ベースのコンセプトカー。

BMWコンセプトカー ザガート

BMW Zagato Roadster Concept(公式プレスリリースより)

BMW Zagato Roadster Concept(公式プレスリリースより)

BMW Zagato Roadster Concept(公式プレスリリースより)

BMWコンセプトカー ザガートロードスター
ヘッドレストにはザガートのロゴ「Z」の刺繍がされている。
BMWコンセプトカー ザガートロードスター
よく見るとグリル部分は大量の「Z」ロゴに埋め尽くされている。
BMWコンセプトカー ザガートロードスター
内装はレザーを贅沢に使用した豪華で落ち着いた仕上がり。

通常モデルのZ4に比べて彫りが深いというか、彫刻的な美しさを兼ね備えたボディーデザインとなり、一層エレガントな仕上がりになった印象です。
映像ではボディーデザインを引き立てる奇麗なシルバーのカラーが輝き内装のオレンジ&ブラックのレザーやザガートのロゴもあり、高級なイメージになっています。


リアは通常モデルのZ4とは全く異なるデザインへ変更されており、スタイリッシュなブラックを使用し、ブレーキランプなどが点灯の際に浮き上がるデザインとなっています。

BMWザガート・クーペコンセプト

BMW Zagato Coupe Concept (公式プレスリリースより)
BMWのZ4クーペをベースに制作されたザガートとのコラボレーションモデルのコンセプトカーです。上に書いているZ4ザガートロードスターコンセプトより先にこちらのクーペモデルの方が発表されており、好評を得ており次のZ4ザガートロードスターコンセプトへ繋がって行きます。
BMW Zagato Coupe Concept (公式プレスリリースより)
BMW Zagato Coupe Concept (公式プレスリリースより)
BMWコンセプトカー ザガート
ザガートクーペコンセプトカーのPVで表示されたBMWとザガートのロゴ。

モデルのデザイン自体は前から見る限りでは通常のZ4クーペとあまり違いが無いように思えますが、リアは上記のZ4ロードスターコンセプトと同じような全く別のクルマのようにブラックをメインにしたものへ変更されています。

また、内装にはザガートの特徴あるロゴ「Z」の文字が入ったヘッドレストなども取り入れられスポーツカーとしてシンプルなZ4Mなどより大人でクールなデザインとなっています。



現実離れしたBMWのコンセプトカー。

ここからはBMWがモーターショーなどで発表してきた、どうやって乗ったら良いのか分からなかったり、何で出来ているのか分からなかったりする「THEコンセプトカー」とも言うべき、どう考えてもこのままリリースされる事は無いだろうというモデルをご紹介します。


BMW ヴィジョン・コネクテッドドライブ

BMWコンセプトカー   ConnectedDrive
コンセプトカー BMW Vision ConnectedDrive(BMW公式プレスリリースより)

BMW ヴィジョン・コネクテッドドライブは2011年のジュネーヴモーターショーにて発表されたコンセプトカーです。

ハイテクと自動車の融合にBMWのアイデンティティを取り入れたコンセプトモデルとなっていて、ウェブ情報にスマートフォンと連動しアクセスするなど、クルマのカタチをした端末のような未来的コンセプトカーです。

BMWコンセプトカー   ConnectedDrive
コンセプトカー BMW Vision ConnectedDrive(BMW公式プレスリリースより)

BMWコンセプトカー   ConnectedDrive
コンセプトカー BMW Vision ConnectedDrive(BMW公式プレスリリースより)

どうやって乗るのか分からなかったのですが、ドアはスライド式になっているようですね。





BMW GINA Light Visionary Model

BMWコンセプトカー  GINA
コンセプトカー BMW GINA Light Visionary Model Concept 公式プレスリリースより。

今まで紹介してきたモデルの中でも一番衝撃的ではないかと思われるコンセプトカーGINAです。このコンセプトカーが衝撃的なのは「素材」です。

BMWコンセプトカー  GINA
コンセプトカー BMW GINA Light Visionary Model Concept 公式プレスリリースより。
BMWコンセプトカー  GINA
コンセプトカー BMW GINA Light Visionary Model Concept 公式プレスリリースより。
BMWコンセプトカー  GINA
コンセプトカー BMW GINA Light Visionary Model Concept 公式プレスリリースより。

BMW GINAはストレッチ素材のライクラにポリウレタンをコーティングした布製のボディーを採用しており、この布製素材でもとのボディーとなるアルミ製フレームを覆った上で、そのアルミ製フレームが電気と油圧で制御されて車体の形状を変形させる事が出来るとのこと。

上の写真ではGINAにはボンネットという概念自体が無くなり車体が変形してエンジン部分を開いて見える状態へ持って行く事も可能です。



実際に上の動画ではドア等が変形していく様子が撮影されています。
何か、まるでクルマというより生き物のようですね。。。

ちなみにヘッドライトも瞬きのように閉じる事が可能です。
あくまで優れたデザインのBMWのコンセプトカーですが、
実際にこんなクルマがあっても面白いかもしれません。


BMW コンセプトクーペ ミッレミリア2006

BMWコンセプトカー  Mille Miglia
コンセプトカー BMW Concept Coupé Mille Miglia (2006). 公式プレスリリースより。

2006年に発表されたクラシックなデザインのコンセプトカーです。
BMWコンセプトカー
コンセプトカー BMW Concept Coupé Mille Miglia (2006). 公式プレスリリースより。
コンセプトカー BMW Concept Coupé Mille Miglia (2006). 公式プレスリリースより。

このコンセプトカーはBMWのクーペ「BMW 328クーペ」と「BMW Z4クーペ」のデザインからインスピレーションを得て制作されており、クラシカルなBMW 328のデザインと現代のモダンなBMW Z4クーペのデザインに加え、Mモデルのスペックを併せ持つコンセプトカーです。



BMW M1オマージュ

BMWコンセプトカー
BMW M1オマージュ コンセプトカー(公式プレスリリース画像より)

BMW M1コンセプトは2008年に行われたイタリアのイベントで公開されたコンセプトスーパーカーです。
BMW M1オマージュ コンセプトカー(公式プレスリリース画像より)
BMWコンセプトカー
BMW M1オマージュ コンセプトカー(公式プレスリリース画像より)



正式には「BMW M1オマージュ」という名前で、オリジナルのM1のオマージュとして制作されたモデルとなっており、M1やBMWターボなどのデザインを引用した伝統とモダンを両立させたイメージのコンセプトカーです。



BMW328オマージュコンセプト

BMW 328 Hommage Concept(公式プレスリリースより)

BMW328オマージュは、その名の通り75年前のBMWの名車328からインスピレーションを得て制作されたコンセプトカーです。エクステリアやインテリアはクラシカルな戦前のBMWのデザインを受け継ぎながらも全体にカーボンファイバーを多用する事により大幅な軽量化を行い、780kgという驚異的な車両の重さを実現しています。

BMW 328 Hommage Concept(公式プレスリリースより)
BMW 328 Hommage Concept(公式プレスリリースより)
正面からサイドのボディーデザインはレトロなBMWの古き良きデザインのように見えますが、真後ろから見ると最新のBMWのモデルのような近代的なデザインになっているところも特徴です。



以上、今回はBMWが発表したコンセプトカーをご紹介してみました。

BMW コンセプトカー

このコンセプトモデルの中から数年以内にも新たに数種類は実際に行動を走るようになると思うと何だかワクワクしませんか?

近年、自動車モデル全体を見ても、少し前なら考えられなかったような技術やデザインを市販出来るまでに来ており、更に先の未来に向けてこれからもどんなスゴいコンセプトカーが出てくるのかとても楽しみです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。