スポンサーリンク
2014年8月27日水曜日

「マツダRX-9」が100周年を祝う新型スポーツカーとして2020年に登場!?

マツダRX-9
マツダRX-9が2020年に登場とのウワサ。
(画像はMazda Takeri Conceptのイメージスケッチ。プレスイメージより)

「マツダRX-9」が2020年に登場!?


以前からマツダRX-8の後継モデルとして登場するのではないかとウワサされながらも結局ウワサの域を出る事無く消えていった「マツダRX-9」についてですが、先日、このモデルの発売時期についての気になる報道が海外自動車メディアから報じられていましたのでご紹介したいと思います。

今回もウワサレベルの話ではありますが、なんと、マツダが創業100周年を迎える2020年に新たな高性能スポーツカーとして「RX-9」が登場するかもしれないとのこと!


マツダ創業100周年に合わせて「RX-9」がデビュー!?

マツダRX-9
新型の「RX-9」はマツダの創業100周年となる2020年に登場とのウワサ。
(画像はMazda Shinari Conceptのイメージスケッチ。プレスイメージより)

今回、motoring.com.auが報じた記事によると、マツダはまずコスモスポーツの誕生50周年となる2017年に以前にもお伝えした「マツダRX-7」の新型モデルを投入し、その後、RX-7とは別に同社の100周年、そして東京オリンピックが行われる2020年に新たなスポーツカーとして「RX-9」を投入する可能性があるとのこと。

再びウワサとなった新型「マツダRX-9」については詳細は不明ながら、一部自動車メディアでは「スーパーカー」という単語も出ている事から、発売が予想されている新型の「RX-7」とは異なる高性能モデルとなることも考えられ、今後マツダが「ロードスター」、「RX-7」、そして「RX-9」と価格、性能のカテゴリが違う3台のスポーツカーラインアップを展開することも想像出来ます。

全てが新たな方向性に向かうマツダのブランドと「RX-9」

マツダRX-9
「魂動(こどう)」デザインの採用やスカイアクティブなど、過去とは全く違う新たな方向へ進んでいると感じさせられるマツダが2020年頃にはどのようなブランドになっているのかにも注目!
(画像はアテンザのもの。プレスイメージより)

一時は経営不振により外資に買収されるのではとも言われていたのが嘘のように、CX-5の登場から存在感のある「魂動(こどう)」をモチーフとしたデザインへの一新や、スカイアクティブなどで過去最高益を更新するという大きな業績回復を成し遂げて以降、新型デミオの今秋の発売、新たなロードスター、コンパクトSUVとして登場が予想されている「CX-3」など、話題が多いマツダですが、「RX-7」、「RX-9」とこのままウワサ通りに行けば、100周年となる2020年には今までとは全く違うブランドに良い意味で変貌しているのではないかと期待してしまいます。

マツダRX-9
今後、新型ロードスターや今回ウワサになっている「RX-7」そして「RX-9」など、スポーツモデルを幅広くラインアップする可能性も。(画像はMazda Shinari Conceptのもの。プレスイメージより)

今回の報道の通りなら、通常の国産スポーツモデルの価格帯にはロードスターとRX-7が当てはまると思われ、ウワサとなった「RX-9」は少なくともそれらよりも価格が高く高性能なスポーツカーとしてデビューする可能性があるので、長期的にマツダのブランドを手の届き易いコンパクトカーからスポーツカーを含むある程度高級なモデルまでラインアップ出来るような立ち位置に持っていくことも考えられているような気がしますね。

今回ご紹介した内容はあくまでウワサレベルのもので実際はどうなるかは分かりませんが、今後もRX-9やRX-7についての話題がありましたらお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。