スポンサーリンク
2014年12月4日木曜日

「ラ フェラーリ」のサーキット仕様モデル「フェラーリFXX K」を発表!

フェラーリFXX K
サーキット走行専用車「フェラーリFXX K」を発表。(画像:プレスイメージより)

「フェラーリFXX K」はサーキットに最適化された高性能モデルに。


フェラーリは、アブダビで開催されていたイベント「Finali Mondiali」にて、「ラフェラーリ」をベースにした高性能サーキット仕様車となる「フェラーリFXX K」を正式発表しました。

2015年に発売される「フェラーリFXX K」は、2005年に発表されたエンツォフェラーリがベースの「フェラーリFXX」などのモデルに次ぐサーキット走行専用車となっており、名前に付けられた「K」はKERS (運動エネルギー回生システム)を表すものとなっています。


「ラフェラーリ」をベースに全てがサーキット仕様に進化した「フェラーリFXX K」

フェラーリFXX K
同社の限定スーパーカー「ラフェラーリ」をベースにサーキットに最適化された高性能モデルに。
(画像:プレスイメージより)

今回発表された「フェラーリFXX K」は、同社のスーパーカー「ラフェラーリ」をベースにサーキット走行に最適化された高性能モデルとなっており、エクステリア、インテリアデザインの変更のほか、ドライバーが4つの異なるモードから選択することが出来るというHY-KERSシステムの搭載、車高の調整や搭載されるV12エンジン&電気モーターのパワーを最大限に引き出すなどの変更も行われており、トータルの最高出力は1050PS、最大トルクは900Nm以上というサーキットを走る為のクルマとなっています。

フェラーリFXX K
「フェラーリFXX K」は性能面のほか、エクステリアなどのデザインも変更。(画像:プレスイメージより)
フェラーリFXX K
「フェラーリFXX K」のエクステリアデザイン。(画像:プレスイメージより)
フェラーリFXX K
「フェラーリFXX K」のインテリアデザイン。(画像:プレスイメージより)

サーキット走行専用車となる「フェラーリFXX K」は、「フェラーリFXX」などと同様に基本的には公道を走行することは出来ないモデルとなっており、今のところトータルの生産台数や価格などは発表されていませんが、フェラーリは今後2年間でテストプログラムなどを実施し、限られた顧客向けに提供していくようです。

フェラーリFXX K
「フェラーリFXX K」の価格などは公表されていませんが、確実にラフェラーリよりも高額だと思われます。
(画像:プレスイメージより)

ちなみに、エンツォフェラーリをベースにした「FXX」は、29台限定の販売で価格はメンテナンスなどを含むパッケージで150万ユーロ(現在の日本円にして2億2000万円以上)、複数の車両が日本国内にも輸入されていましたが、今回発表された「フェラーリFXX K」も、もしかすると今後日本に上陸してくるのかもしれません。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。