スポンサーリンク
2014年12月26日金曜日

実業家のオーダーでマクラーレンP1が特注のガルフカラーに!

実業家のオーダーでマクラーレンP1が特注のガルフカラーに!
ガルフカラーのマクラーレンP1が実業家のオーダーで特別に製作されました。(画像:プレスイメージより)

ガルフカラーの「マクラーレンP1」が特注で製作される。


かつて、多くのレーシングカーが纏っていたガルフブランドのシンボルカラーとなる「ガルフカラー」。
そんなガルフオイルのチームカラーとして有名なこのカラーリングが全体に施された特注の「マクラーレンP1」の画像が公開されました。


「ガルフカラー」仕様は実業家が依頼した特別なマクラーレンP1。

実業家のオーダーでマクラーレンP1が特注のガルフカラーに!
ガルフレーシングのロゴなどは付いていないものの、その姿はまさにレーシングカー。
(画像:プレスイメージより)

今回公開されたガルフカラーの「マクラーレンP1」は、実業家のマイルズ・ナダル氏がマクラーレンのオーダーメイドなどを手掛けている部門「MSO(マクラーレン。スペシャル・オペレーション」に依頼したモデルとなっており、ガルフレーシングのロゴなどは設定されていないようですが、ガルフブルーとオレンジを組み合わせたレーシングカーのように印象的なデザインに仕上がっています。

実業家のオーダーでマクラーレンP1が特注のガルフカラーに!
内装面でもスイッチ類や、(画像:プレスイメージより)
実業家のオーダーでマクラーレンP1が特注のガルフカラーに!
ステアリングなどにもブルーとオレンジのカラーが採用されています。(画像:プレスイメージより)
実業家のオーダーでマクラーレンP1が特注のガルフカラーに!
派手なカラーですが、スタイリッシュに見えてしまうカラーです。(画像:プレスイメージより)
実業家のオーダーでマクラーレンP1が特注のガルフカラーに!
この2色の組み合わせはレーシングカーだけでなくスーパーカーなどにも非常にマッチしますね。
(画像:プレスイメージより)

またこのマクラーレンP1はエクステリアカラーだけでなく、インテリア面でもステアリングやスイッチなどにガルフブルーとオレンジが効果的に取り入れられたスタイルとなっており、内外装で統一されたカラーがマクラーレンP1のデザインに非常にマッチしているように感じられます。

実業家のオーダーでマクラーレンP1が特注のガルフカラーに!
ブレーキキャリパーのオレンジがカッコいいです。(画像:プレスイメージより)

【関連記事】
マクラーレン650Sのカスタムコンセプト「MSO 650Sクーペ」を公開
マクラーレンのオーダーメイド部門が合計5つに。
マクラーレンが「P1」と「650Sスパイダー」の特別仕様モデルを公開
【動画】全てがグリーンに塗装された特注「マクラーレンP1」が目立ちすぎ!
ワイパーに変わる新しい発明?マクラーレンが次世代の超音波ワイパーを開発中か

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。