スポンサーリンク
2015年2月20日金曜日

マクラーレン、サーキット専用車「P1 GTR」をジュネーブショーで初公開へ

マクラーレンP1 GTR
マクラーレンP1 GTRがジュネーブモーターショーでワールドプレミア。(画像:プレスイメージより)

「マクラーレンP1 GTR」がジュネーブショーで初披露。


マクラーレンは、昨年8月にペブルビーチ・コンクール・デレガンスで発表された新型のサーキット専用車「マクラーレンP1 GTR」の量産モデルを3月に開催されるジュネーブモーターショーでの初披露するのに先駆け、概要や画像などを発表しました。


「マクラーレンP1」をベースにサーキット走行に最適化された「P1 GTR」

マクラーレンP1 GTR
スーパーカーの「マクラーレンP1」をベースにサーキット専用仕様に開発されたモデル。
(画像:プレスイメージより)

マクラーレンP1 GTR」は、同社の最上位モデルとなるスーパーカー「マクラーレンP1」をベースにサーキット専用仕様として開発されたモデルとなっており、昨年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで公開されていたデザインコンセプトの発表の後、機能強化や空力性能の最適化、テストスケジュールなどが完了し、トラック向けの量産モデルとして発表されることになります。

マクラーレンP1 GTR
空力性能の最適化や機能強化なども施された量産モデルに。(画像:プレスイメージより)

「マクラーレンP1 GTR」には、専用チューニングが施された3.8リットルV型8気筒ツインターボガソリンエンジン(800PS)とハイブリッドシステムの「IPAS」(200PS)が搭載され、合わせた最高出力は1000PSという驚異的なものになっているほか、各所の軽量化やトラック上での最適なパフォーマンスを実現するために通常のP1の部品なども適したものに置き換えられているとのこと。

マクラーレンP1 GTR
左は1995年の「マクラーレンF1 GTR」(画像:プレスイメージより)

ジュネーブショーで発表される「マクラーレンP1 GTR」は、通常のマクラーレンP1を所有しているオーナー向けの限定生産モデルと言われており、価格などについての詳細は不明ですが、ロードゴーイングモデル以上の設定となるものと思われ、375台の限定生産となっている通常のマクラーレンP1の生産終了後に生産が開始されるようです。

その他の画像は以下より。

マクラーレンP1 GTR
(画像:プレスイメージより)
マクラーレンP1 GTR
(画像:プレスイメージより)
マクラーレンP1 GTR
(画像:プレスイメージより)
マクラーレンP1 GTR
カーボンファイバーだらけのコックピット。(画像:プレスイメージより)
マクラーレンP1 GTR
サーキット専用とだけあって、かなり本格的な内装となっています。(画像:プレスイメージより)
マクラーレンP1 GTR
マクラーレンP1 GTRとF1 GTR(画像:プレスイメージより)
マクラーレンP1 GTR
詳細は不明ながらP1 GTRの価格は1台3億円以上とも言われています。(画像:プレスイメージより)

【関連記事】
「マクラーレンP1 GTR」を発表。価格は3億円オーバー!?
実業家のオーダーでマクラーレンP1が特注のガルフカラーに!
レース専用モデル「マクラーレン650S GT3」を発表
マクラーレンを使った壮大なパラパラ漫画の動画
【動画】全てがグリーンに塗装された特注「マクラーレンP1」が目立ちすぎ!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。