スポンサーリンク
2015年3月26日木曜日

ジャガー、新型「XF」を発表。高さ18メートルの水上綱渡りスタントも披露!

ジャガー、新型「XF」を発表。高さ18メートルの水上綱渡りスタントも披露!
新型の「ジャガーXF」が世界最長の水上綱渡りに挑戦!(画像:プレスイメージより)

新型「ジャガーXF」を発表。世界最長の水上綱渡りスタントも!


ジャガーは、4月に開催されるニューヨークモーターショーで初披露が予定されている新型のミドルクラスモデル「ジャガーXF」の概要を正式発表しました。

先代モデルのほか、同セグメントの競合モデルよりも軽量化されたという新型のXFのワールドプレミアに先駆けて、ロンドンのビジネス地区で18メートルの水上に張られた細いワイヤーの上を走行するというとんでもない挑戦も行われ、全世界に中継されました!


新型「ジャガーXF」はホイールベースの延長でセグメントをリードする室内空間に。

ジャガー、新型「XF」を発表。高さ18メートルの水上綱渡りスタントも披露!
フルモデルチェンジして登場する新型の「ジャガーXF」(画像:プレスイメージより)

デビューから7年以上ぶりとなるフルモデルチェンジとなった新型のジャガーXFは、2014年9月に発表されたコンパクトスポーツセダンの「ジャガーXE」に近いイメージのフロントマスクが採用されているほか、軽量アルミを多用した構造により大幅な軽量化が実現されています。

ジャガー、新型「XF」を発表。高さ18メートルの水上綱渡りスタントも披露!
軽量アルミを多用することで大幅な軽量化が実現されています。(画像:プレスイメージより)
ジャガー、新型「XF」を発表。高さ18メートルの水上綱渡りスタントも披露!
先代よりも若干短くなった全長全高、ホイールベースは延長されているとのことです。
(画像:プレスイメージより)

新型のジャガーXFのボディサイズは先代のXFよりも全長が若干短くなったということですが、ホイールベースは延ばされており、これにより広々とした後部座席のスペースが実現されているほか、インテリア全体で高級素材を使用するなど、ビジネスカーセグメントをリードする洗練された内外装となっているようです。

世界最長!水上に張られたワイヤーの上を走る「ジャガーXF」

怖すぎ!水上に張られたカーボンワイヤーの上を走るジャガーXF(画像:プレスイメージより)

軽量アルミを多用したアーキテクチャにより先代に比べ大幅な軽量化が実現されたという新型XFのデザインは、エレガントなスタイルとともに空気抵抗にも優れたスタイルに仕上げられているとのことで、これらの軽量な重量やバランスなどをアピールするため、ワールドプレミアに先駆け3月25日にロンドンにて、水上に貼られた34mmのワイヤーの上を走行するというとんでもない挑戦が行われました。


ロンドンのビジネス地区にて行われ、高さ18メートルの水上をカーボンワイヤーで240メートルという、かなり危険なパフォーマンスとなったこの企画では、数々の有名ハリウッド映画に携わったベテランのスタントマンが挑戦し、水上という条件から横風を受ける可能性があったことから気象専門家やエンジニアによる風速などの分析も行われ、万が一に備えた装備のほか、ボートなども岸で待機していたようです。

【関連記事】
「ジャガーXE」を正式発表。新型のスポーツサルーンとして登場
ジャガーから錦織圭選手をモチーフにした「KEI NISHIKORI EDITION」が登場
「007」の新作「SPECTRE」に登場するクルマ4台が出揃う!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。