スポンサーリンク
2015年4月25日土曜日

舞台照明に用いられたライムライトがモチーフのロールスロイスを発表

ロールスロイス・ファントムの限定車「ライムライトコレクションシリーズ」
照明器具「ライムライト」がモチーフのロールスロイスの限定車が登場。
(画像:ロールスロイス公式サイトより引用)

ロールスロイスの限定車「ライムライトコレクション」


ロールスロイスは、かつて舞台照明に用いられたライムライトがモチーフとなった「ライムライトコレクションシリーズ」と呼ばれるロールスロイス・ファントムの特別仕様モデルを発表しました。


「ライムライトコレクションシリーズ」には時計や香水の収納や人間工学に基づいたシートなども。

ロールスロイス・ファントムの限定車「ライムライトコレクションシリーズ」
世界で最も目の肥えた顧客」のニーズに対応したという豪華な仕様に。
(画像:ロールスロイス公式サイトより引用)

限定25台が生産されるロールスロイス・ファントムの「ライムライトコレクションシリーズ」は、電灯より以前に舞台照明として使用されていた照明器具「ライムライト」をモチーフにデザインされた特別モデルとなっています。

ロールスロイス・ファントムの限定車「ライムライトコレクションシリーズ」
「ロールスロイス・ファントム「ライムライトコレクションシリーズ」
(画像:ロールスロイス公式サイトより引用)
ロールスロイス・ファントムの限定車「ライムライトコレクションシリーズ」
「ロールスロイス・ファントム「ライムライトコレクションシリーズ」
(画像:ロールスロイス公式サイトより引用)
ロールスロイス・ファントムの限定車「ライムライトコレクションシリーズ」
「ロールスロイス・ファントム「ライムライトコレクションシリーズ」のホイール。
(画像:ロールスロイス公式サイトより引用)

実際に車両にライムライトが搭載されているという訳ではないようですが、後部のドアには、男性向けとして時計が収納可能なウオッチホルダーが、女性向けとして香水が収納出来るフレグランスホルダーが設定されているほか、人間工学に基づいた設計のシートが採用されるなど、このクルマを所有する「世界で最も目の肥えた顧客」のニーズに対応した贅沢なモデルに仕上げられているとのこと。

ロールスロイス・ファントムの限定車「ライムライトコレクションシリーズ」
後部座席はこんな感じのデザインです。(画像:ロールスロイス公式サイトより引用)
ロールスロイス・ファントムの限定車「ライムライトコレクションシリーズ」
人間工学に基づいたシートを採用。(画像:ロールスロイス公式サイトより引用)
ロールスロイス・ファントムの限定車「ライムライトコレクションシリーズ」
腕時計を多数収納出来るウオッチホルダー。(画像:ロールスロイス公式サイトより引用)
ロールスロイス・ファントムの限定車「ライムライトコレクションシリーズ」
こちらは車内に搭載されている時計です。(画像:ロールスロイス公式サイトより引用)
ロールスロイス・ファントムの限定車「ライムライトコレクションシリーズ」
他の限定車と同じくこのモデルについてのプレートも。(画像:ロールスロイス公式サイトより引用)
ロールスロイス・ファントムの限定車「ライムライトコレクションシリーズ」
ただ豪華なだけでなく、洗練されている雰囲気もクールです。(画像:ロールスロイス公式サイトより引用)

今回発表されたロールスロイス・ファントムの「ライムライトコレクションシリーズ」の詳細な価格などについては不明ですが、1台5000万円のロールスロイスをベースにオーダーメイドで1から同じように設計するのに比べると、ある程度は費用を安く抑えれるかもしれません。


ライムライトのイメージで制作されたと思われるプロモーションビデオのシチュエーションもスゴいですね。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。