スポンサーリンク
2015年5月24日日曜日

BMWが新型コンセプトカー「3.0 CSLオマージュ」を発表。

BMW 3.0CSLオマージュ
1970年代の「3.0CSL」を現代的に解釈した「3.0CSLオマージュ」(画像:プレスイメージより)

1970年代の名車がモチーフのBMW「3.0 CSLオマージュ」


BMWは、イタリアで開催された自動車コンクール「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」にて、新型のコンセプトカー「3.0 CSLオマージュ」を初公開しました。

「3.0 CSLオマージュ」は、1970年代に生産された「BMW 3.0CSL」のモチーフに現代的な解釈で製作されたコンセプトカーとなっており、当時のモデルを彷彿とさせる縦長のキドニーグリルや大型のリアスポイラーなどが特徴的な仕上がりとなっています。


「3.0 CSLオマージュ」は1970年代の「3.0CSL」を現代的に解釈したコンセプトモデルに。

BMW 3.0CSLオマージュ
「3.0CSLオマージュ」では、軽量化の為にカーボンファイバーを使用。(画像:プレスイメージより)

Coupe、Sport、Lightweight」(クーペ、スポーツ、軽量)を意味する「CSL」の名前が付いた「3.0 CSLオマージュ」は、1970年代の名車「BMW 3.0CSL」のオマージュとして現代的な技術や手法により製作したコンセプトカーで、1970年代はアルミニウムが使用されていたのに対して、今回のコンセプトモデルではカーボンファイバーを使用することで軽量化を行っているほか、当時のモデルのデザインを近代的な解釈でデザインしたキドニーグリルなどが採用されています。

BMW 3.0CSLオマージュ
大型のリアスポイラーなどが特徴的なスタイルに。(画像:プレスイメージより)
BMW 3.0CSLオマージュ キドニーグリル
各所に当時のモデルのデザインが反映されています。(画像:プレスイメージより)
BMW 3.0CSLオマージュ
詳細な性能は未公表ですが、6気筒エンジンとハイブリッドシステムを搭載とのこと。
(画像:プレスイメージより)

また、レーザーヘッドライトやLEDが使用されているほか、性能などについてはパワフルな6気筒のエンジンが搭載されているなど以外の詳細は明かされていませんが、レーシングカーだった「BMW 3.0CSL」がモチーフとなっていることから、軽量化や空力性能を意識したスタイルのほかに、内装では軽量スポーツシートや消火システムなども装備されています。

BMW 3.0CSLオマージュ
上から見るとこのようなスタイルです。(画像:プレスイメージより)
BMW 3.0CSLオマージュ リアスポイラー
リアフェンダーと一体化したスポイラー。(画像:プレスイメージより)
BMW 3.0CSLオマージュ OLEDテールライト
テールライトにはOLEDを採用。(画像:プレスイメージより)
BMW 3.0CSLオマージュ
「BMW 3.0CSLオマージュ」(画像:プレスイメージより)
BMW 3.0CSLオマージュ インテリア
内装はレーシングカー的な仕上がりに。(画像:プレスイメージより)
BMW 3.0CSLオマージュ インテリア
消火システムなども装備しています。(画像:プレスイメージより)
BMW 3.0CSLオマージュ
最新技術と当時の名車のスタイルが組み合わされたモデルです。(画像:プレスイメージより)

「3.0 CSLオマージュ」はコンセプトカーらしい独特なスタイルのモデルなので、実際に市販化などはされないと思いますが、ライトや各所のデザイン、技術的な部分などは今後の市販車にも取り入れられていくかもしれません。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。