スポンサーリンク
2015年6月27日土曜日

GT-R NISMOのエンジンを移植した最強のSUV「ジュークR 2.0」を公開!

日産 ジュークR 2.0 新型
日産「ジュークR」の進化版「ジュークR 2.0」を発表。(画像:プレスイメージより)

最強SUV「ジュークR」2.0へ進化!


新しい「ジュークR」は、ついに日産GT-R NISMOのエンジンが移植されてしまいました、、。

日産のコンパクトクロスオーバーSUV「ジューク」をベースに、GT-Rのエンジンを搭載し、現時点でSUVとしては世界で最も加速の速いクルマとなっている「ジュークR」ですが、英国で6月26日に開幕した「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にあわせ、その進化モデルとなる「ジュークR 2.0」が発表されました。


「ジュークR 2.0」はGT-R NISMOのエンジンを搭載し最高出力600HPに!

日産 ジュークR 2.0 新型
GT-Rの最強モデル「GT-R Nismo」のエンジンを移植!(画像:プレスイメージより)

今回発表された「ジュークR 2.0」は、2012年に世界で4台程度の車両が生産され、1台が5000万円以上という価格で販売されたという先代「ジュークR」をさらにパワーアップした仕様となっており、なんと、日産GT-Rの最上位モデル「GT-R NISMO」に搭載されているV6ツインターボエンジンを移植し、最高出力は600HPという、中身はほとんどスーパーカーのようなSUVに仕上げられています。

日産 ジュークR 2.0 新型
エクステリアなどのデザインも変更されています。(画像:プレスイメージより)
日産 ジュークR 2.0 新型
カーボンファイバーパーツなども採用。(画像:プレスイメージより)
日産 ジュークR 2.0 新型
見た目はジューク、中身は殆どGT-Rという異次元のSUV第二弾!(画像:プレスイメージより)
日産 ジュークR 2.0 新型 サイド
詳細なスペックは未公表なものの、先代を超えてくることは想像出来ます。(画像:プレスイメージより)
日産 ジュークR 2.0 新型 斜め後方
初代モデルは市販されましたが、今回の新型も市販化となるのでしょうか?(画像:プレスイメージより)
日産 ジュークR 2.0 新型
普通のジュークとは雰囲気が違いますね、、、。(画像:プレスイメージより)
日産 ジュークR 2.0 新型
ジュークRの先代モデルとのツーショット。(画像:プレスイメージより)

エンジン以外では、カーボンファイバー製のフロント・リアバンパーやリアディフューザーなどが装着されているほか、LEDドライビングライトなども採用されており、現時点ではコンセプトモデルのため詳細なスペックや今後の展開などについては不明なものの、初代モデルを超える「最強のSUV」になるのではないでしょうか?


関連記事
世界一速いSUVはどんなクルマ?「世界最速のSUVランキング」TOP5

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。