スポンサーリンク
2015年7月15日水曜日

普通のベンツでは満足出来ない人のための「究極のカスタムベンツ」まとめ。

カスタム ベンツ まとめ
海外ブランドが富裕層向けに製作した奇抜すぎるカスタム仕様のベンツをまとめてみました!
(画像:MANSORY Cormeumのプレスイメージより)

奇抜すぎ!海外ブランドがカスタムしたメルセデスベンツまとめ。


クルマのことを良く知らない人でも「高級車」といえばコレ!と答える確立の高そうな車種といえば「メルセデスベンツ」ですが、そんなベンツをさらにカスタムしたモデルが世界には多く存在しています。

今回はそんなカスタムベンツの中でも、特に際立った存在のモデルをご紹介したいと思います!


メルセデスベンツS65AMGベース「ブラバスRocket900」

カスタムベンツ ブラバス Rocket900 Sクラス
メルセデスベンツSクラスを900馬力にカスタムしてしまったスーパーカーのようなセダン。
(画像:ブラバスのプレスイメージより)

現行モデルのメルセデスベンツSクラスの高性能仕様「S65 AMG」をベースにドイツのチューナー「ブラバス」が手掛けたチューニング仕様「ブラバス・ロケット900」。

Sクラスの中でも最も高性能なグレードとなるS65をさらにカスタムし、もともと搭載されていたV12エンジンをチューニングすることで最高出力は900馬力となり、0-100km/hまでの加速は3.7秒、最高速度は350km/hに達するというスーパーカー並みの高級セダンとなっています。


ちなみに「ブラバスRocket900」の価格は40万ドルで、日本円にすると5000万円くらいです。

メルセデスベンツCクラスベース「ブラバス Bullit800クーペ」

カスタムベンツ ブラバス Bullit800クーペ Cクラス
見た目はメルセデスベンツCクラス、中身は完全にスーパーカーなカスタムモデル。
(画像:プレスイメージより)

先ほどご紹介した「Rocket900」と同じく、ドイツのブラバスが製作したコンプリートカーとなる「ブラバス Bullit800クーペ」は、メルセデスベンツの中でも小型なDセグメント「Cクラス」に、Sクラスの5.5リッターV12エンジン(しかもチューニング済み)を搭載してしまったという狂気的な性能のモデル。

カスタムベンツ ブラバス Bullit800クーペ Cクラス
価格は日本円にして6500万円程度に、、、。(画像:プレスイメージより)

これにより最高出力は811ps、最大トルク145kgm、0-100km/hの加速は3.7秒、最高速度は370km/h、価格は日本円にして6500万円程度という、カスタムというより別のクルマといった雰囲気の、全ての面で一体どんな人がどこを走れば良いのか分からないレベルのクルマとなっています。

メルセデスベンツSクラスベース「カールソンCS50 ヴェルサイユ・エディション」

カールソンCS50 ヴェルサイユ・エディション カスタムベンツ
完全に成金仕様な金箔だらけのSクラス。(画像:プレスイメージより)

成金趣味としても、ちょっと行き過ぎというか、ここまで来るとお金があり過ぎで使い道が分からない人専用なのでは?と感じられる仕上がりの「CS50 ヴェルサイユ・エディション」は、ドイツの「カールソン」が製作した25台限定のカスタムモデルです。

カールソンCS50 ヴェルサイユ・エディション カスタムベンツ
江戸時代のような雰囲気にも見えます。(画像:プレスイメージより)

このモデルは、純金の金箔1000枚を数百時間かけて貼付けていったというとんでもない仕様となっており、まさに現代の大名駕籠です。

メルセデスベンツSクラスベース「ロリンザー Sクラス W222」

メルセデスベンツSクラスベース「ロリンザー Sクラス W222」 カスタムベンツ
ロリンザーが現行メルセデスベンツSクラスをベースに製作したカスタム。(画像:プレスイメージより)

現行のメルセデスベンツSクラスをベースにドイツのチューナー「ロリンザー」がカスタムしたこのモデルは、ベースのSクラスとは異なるデザインのグリルやエアインテークなどを採用し、元のデザインとは全く違った雰囲気に仕上げられているのが特徴です。

メルセデスベンツSクラスベース「ロリンザー Sクラス W222」 カスタムベンツ
特に黒塗りは怖いです。(画像:プレスイメージより)

このクルマはある意味、後ろから迫って来たら一番怖いかもしれません。

メルセデスベンツSクラスベース「PRIOR DESIGN PD800S」

メルセデスベンツSクラスベース「PRIOR DESIGN PD800S」 カスタムベンツ
一体どういった職業の人に向けて製作されたのかをあまり知りたくないプライアデザインのSクラス。
(画像:プレスイメージより)

ドイツのチューナーとして高級車のカスタムを手掛けている「プライアデザイン」がメルセデスベンツSクラスをベースに手掛けたカスタムパッケージ「PD800S」。

メルセデスベンツSクラスベース「PRIOR DESIGN PD800S」カスタムベンツ
この車を選ぶ人は世界でもかなり限られるのではないでしょうか?(画像:プレスイメージより)

カスタムされた黒塗りのベンツS(しかもベンツのエンブレム無し)に22インチのホイールだけでも近寄り難いですが、内装では全体にレザーとワニ皮を使用しているほか、後部座席にウイスキーボトルが格納出来るスペースまであるというヤバそうな雰囲気しかしない一台です。

メルセデスベンツSLS AMGベース「マンソリー・コルメウム」

メルセデスベンツSLS AMGベース「マンソリー・コルメウム」カスタムベンツ
メルセデスベンツSLS AMGを全く違う車のように仕上げてしまったマンソリーのカスタム。
(画像:プレスイメージより)

ベースモデルはメルセデスベンツのスーパーカー「SLS AMG」ですが、そんな高性能モデルもマンソリーがカスタムすれば原形をとどめないくらい違うクルマに仕上がってしまいます。

メルセデスベンツSLS AMGベース「マンソリー・コルメウム」カスタムベンツ
前と後ろでSLRとSLSが合体しているような雰囲気です。(画像:プレスイメージより)

MANSORY Cormeumでは、フロントの大幅なデザインの変更とともに、ボディサイズの拡大や大型のスポイラーなども装着され、雰囲気的には「SLRマクラーレン」に近いようなスタイルが特徴的ですが、詳しい人が見なければ何のクルマなのか理解してもらえないかもしれません。

メルセデスベンツSLRマクラーレンベース「FABデザイン DESIRE」

メルセデスベンツSLRマクラーレンベース「FABデザイン DESIRE」カスタムベンツ
スイスのFABデザインがSLRマクラーレンをベースに手掛けたコンプリートカー。
(画像:プレスイメージより)

スーパーカーや高級車のカスタムやチューニングを手掛けるスイスの企業「FABデザイン」が、メルセデスベンツSLRマクラーレンをベースに製作したコンプリートカーとなる「FAB DESIGN DESIRE」は、最高出力の引き上げの他、航空宇宙産業で使用されるレベルのカーボンファイバーを車体に採用したというモデル。

メルセデスベンツSLRマクラーレンベース「FABデザイン DESIRE」カスタムベンツ
日本国内にも存在しているようですね。(画像:プレスイメージより)

ちなみに、FABデザインのコンプリートカーは1モデルにつき10台だけしか生産されないらしく、さらにその10台のそれぞれが異なったスタイルに仕上げられることで、ブランド価値を維持しているようです。

メルセデスベンツSLS AMGベース「FABデザイン・SLS63 AMG GULLSTREAM/JETSTREAM」

メルセデスベンツSLS AMGベース「FABデザイン・SLS63 AMG GULLSTREAM」カスタムベンツ
上のSLRと同じく、FABデザインが手掛けたSLSベースのカスタムモデル。(画像:fabdesignより引用)

上のモデルに続き、FABデザインが手掛けたSLS AMGベースのコンプリートカーSLS63 AMG JETSTREAM」及び「SLS63 AMG GULLSTREAM」は、JETSTREAMがロードスター、GULLSTREAMがクーペをベースにしたモデルで、エンジンのチューニングにより最高出力は607馬力に引き上げられ、0-100km/hまでの加速は3.6秒、最高速度は325km/hというハイパフォーマンスなスポーツカーとなっています。

メルセデスベンツSLS AMGベース「FABデザイン・SLS63 AMG JETSTREAM」カスタムベンツ
こちらはロードスターバージョンの「JETSTREAM」(画像:fabdesignより引用)

こちらのクルマもFABデザイン DESIREと同様、生産数が極端に少ないため、街中で見掛けることがあればかなりラッキーかもしれません。


マイバッハ57Sベース「XENATECクーペ」

マイバッハ57Sベース「XENATECクーペ」
超高級車「マイバッハ」をベースにした「XENATECクーペ」(画像:プレスイメージより)

現在のメルセデス・マイバッハではなく、ダイムラーの超高級車ブランドとしてラインアップされていた「マイバッハ57S」をベースに、ドイツのXENATEC(ゼナテック)がマイバッハと共同で製作した「XENATECクーペ」は、4ドアのマイバッハを2ドアクーペにしてしまった大胆なカスタムモデルで、それぞれの車両が顧客の好みに応じてハンドメイドで製作されいました。

マイバッハ57Sベース「XENATECクーペ」
トータルの生産台数はわずか8台。(画像:プレスイメージより)

しかし、その後単体のマイバッハブランド自体が消滅し、このモデルを製作したXENATECも倒産してしまったようで、「XENATECクーペ」の実際に生産された台数はわずか8台程度、少し前にロシア販売されていた中古車の価格は、日本円にして約1億円となるなど、存在自体がかなり希少なモデルとなっています。

いかがでしたでしょうか?今回はメルセデスベンツをベースにしたカスタム仕様のモデルをご紹介してみました。チューニング、カスタムも基本的にドイツ系のブランドが多めですね。

今後も迫力あるカスタムカーやコンプリートカーがあれば追加で掲載したいと思います。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。