スポンサーリンク
2015年9月16日水曜日

マツダ、新型のクロスオーバーSUVコンセプト「越 KOERU」を発表。

マツダ、新型のクロスオーバーSUVコンセプト「越 KOERU」を発表。
マツダが新型SUVのコンセプトカー「越 KOERU」を公開。(画像:プレスイメージより)

マツダ「越 KOERU」を公開。クーペスタイルのSUVコンセプトに。


マツダは、フランクフルトモーターショーでの初披露に先立ち、新しいクロスオーバーSUVのコンセプトカーとなる「越 KOERU」を正式発表しました。

「越 KOERU」の名前のとおり、今回発表されたコンセプトは、普通を越えた価値を提供するマツダの野望を具体化したモデルとなっているとのことで、近年の同社のデザインテーマである「魂動」をモチーフに、野性的な力強いモーションデザインとともに、尊厳と洗練をイメージしたスタイルとなっています。

2016年4月更新:市販モデルのマツダCX-4が発表されました。
マツダ「CX-4」を世界初公開!クーペスタイルの新型クロスオーバーSUVとして登場へ。

CX-3、CX-5とは異なる「越 KOERU」のデザイン。

マツダ、新型のクロスオーバーSUVコンセプト「越 KOERU」を発表。
現行モデルのCX-3やCX-5とは異なり、アクセラスポーツのような外観に。(画像:プレスイメージより)

現在ラインナップされている「CX-5」と「CX-3」のどちらでもないスタイルに仕上げられている部分が特徴的なクロスオーバーSUVコンセプトカー「マツダ・越 KOERU」では、現行モデルに比べシグネチャーウイングが強調されたスタイルとなっているほか、奥行きの感じられるヘッドライトデザインなど、量販車に採用されているデザインをさらに進化させた印象に仕上げられています。

マツダ、新型のクロスオーバーSUVコンセプト「越 KOERU」を発表。
クーペSUV的な立ち位置のモデルになるのでしょうか?(画像:プレスイメージより)

クロスオーバーSUVでありながらクーペのようなスタイルの「越 KOERU」のエクステリアデザインは、CX-3」、「CX-5」とは異なり、現行のアクセラスポーツやアテンザワゴンのような雰囲気も持つモデルのようにも感じられます。

マツダ、新型のクロスオーバーSUVコンセプト「越 KOERU」を発表。
エクステリアデザインはマツダの魂動をさらに進化させた印象に。(画像:プレスイメージより)
マツダ、新型のクロスオーバーSUVコンセプト「越 KOERU」を発表。
インテリアもマツダの現行モデルに近いデザイン要素が組み込まれているように見えます。
(画像:プレスイメージより)
マツダ、新型のクロスオーバーSUVコンセプト「越 KOERU」を発表。
アテンザにも近いように感じられるリアデザイン。(画像:プレスイメージより)

今回公開された「越 KOERU」は、コンセプトカーではあるものの、安全装備のi-ACTIVSENSEやSKYACTIV技術が採用されているほか、インテリアデザインや装備についても市販車に近い雰囲気のものになっており、人馬一体の走りと高い静粛性や乗り心地も実現されているとのことなので、もしかすると今後、今回の「越 KOERU」をベースにした新型車がCX-3とCX-5の中間点にあたる、或いはCX-5クーペ的な立ち位置のSUVとして投入されるのかもしれません。


スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。