スポンサーリンク
2016年2月6日土曜日

ある意味怖い。ロールスロイスが永遠の愛をテーマにした限定車を発表。

ロールスロイス、中国向けに「ゴースト・エターナルラブ」を発売。
ロールスロイスが中国向けに発表したエターナルラブコレクション。(画像:プレスイメージより)

ロールスロイス、中国向けに「ゴースト・エターナルラブ」を発売。


もうここまで来ると一体どんな人に向けたクルマなのか想像出来ませんが、16台生産されるということはお金持ちに一定の需要があるんだと思われます。

ロールスロイスが中国向けにリリースするゴーストの限定モデルは、白鳥をイメージし、永遠の愛をテーマにした、その名も「ロールスロイス・ゴースト・エターナルラブ」です。


どんな人がどういう用途で購入するのかあまり想像したくない限定車。

ロールスロイス、中国向けに「ゴースト・エターナルラブ」を発売。
サイドシルにロールスロイスのエンブレムとともに「愛・永恒」の文字が。(画像:プレスイメージより)

ロールスロイスが中国市場向けに16台限定で販売する「Eternal Love」は、ゴーストをベースにロールスロイスのビスポーク部門が手掛けたもので、中国語で永遠の愛を意味する「愛・永恒」の文字がサイドシルに入っているほか、イングリッシュホワイトとシルバーサテンのツートンカラーのエクステリアには、サイドのコーチラインと繋がる2羽の白鳥が♡マーク象っているようなイラストが入るなど、車格と仕様のギャップが逆にある意味ちょっと怖い雰囲気すら感じさせられるデザインとなっています。

ロールスロイス、中国向けに「ゴースト・エターナルラブ」を発売。
イングリッシュホワイトとシルバーサテンのツートンカラー。(画像:プレスイメージより)
ロールスロイス、中国向けに「ゴースト・エターナルラブ」を発売。
16台限定で生産され、現地での価格は1億円ともいわれています。(画像:プレスイメージより)
ロールスロイス、中国向けに「ゴースト・エターナルラブ」を発売。
インテリアはレッドとホワイトの組み合わせ。(画像:プレスイメージより)
ロールスロイス、中国向けに「ゴースト・エターナルラブ」を発売。
コーチラインにはハート型の白鳥のイラストも。(画像:プレスイメージより)

ちなみにこの「ロールスロイス・ゴースト・エターナルラブ」は、価格が日本円にして1億円以上するらしく、どちらかというと女性オーナーが自分で買うというより、中国人の富裕層と愛人の組み合わせや、成金が彼女にプレゼントしたりしそうなイメージに見えてしまいますが、実際のところはどうなんでしょうか?

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。