2014年8月7日木曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

「レイス」のコンバーチブル?「ロールスロイス」から新型のオープンカーが登場へ

「レイス」のコンバーチブル?「ロールスロイス」から新型のオープンカーが登場へ
ロールスロイスから新型のオープンカーが登場へ。
(画像は「ロールスロイス・レイス」のプレスイメージより)

ロールスロイスが2016年までに新型のオープンカーを投入へ。


ロールスロイスは新型のオープンタイプの高級車を2016年までに投入することを発表しました。

この新型車については開発計画が承認され、市販車としての投入が決定。現在はテストを行っているモデルとのこと。

新型モデルは「ロールスロイス・レイス」のオープンカーバージョン?

「レイス」のコンバーチブル?「ロールスロイス」から新型のオープンカーが登場へ
新型のコンバーチブルモデルは「ロールスロイス・レイス」をベースにしたもの?
(画像は「ロールスロイス・レイス」のプレスイメージより)

複数の海外メディアの報道によれば、新たに投入されることが決定した新型のモデルは、ロールスロイスの最新モデルとなる「ロールスロイス・レイス」をベースとしたコンバーチブルモデルと考えられており、このモデルについての情報は殆ど明らかになっていないため詳細は不明ながら、レイスと同じ6.6リッターのV12エンジンが搭載されると予想されています。

「レイス」のコンバーチブル?「ロールスロイス」から新型のオープンカーが登場へ
現在ラインアップにある「ドロップヘッドクーペ」とは違う価格帯に?
(画像は「ロールスロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペ」のプレスイメージより)

発表内容は「投入決定」だけなので、実際のところレイスをベースにしているか自体も不明ですが、ロールスロイスのラインアップではすでに「ファントム・ドロップヘッドクーペ」が存在していることからも1台が6000万円近くする「ドロップヘッドクーペ」の下に位置するモデルが登場すれば、ベントレーなどのオーナーを含めた新たな顧客の獲得に繋がることからも「レイス」のコンバーチブルモデルの登場が最も有力だと思われます。
この記事についてSNSでシェア出来ます。

広告



Idea Web Toolsのロゴ
Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。


Idea Web Toolsの運営に関するお知らせ。
・2019年3月:今月はジュネーブモーターショー関連の新型モデルやコンセプトカーの記事を多めに掲載しています。



Idea Web Toolsの5周年記念のバナー

当サイト「Idea Web Tools」が2013年に運営を開始し、2018年で5周年を迎えました。