2016年6月24日金曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

マクラーレン、新型「570Sスプリント」を発表!個人向けのサーキット仕様車。

マクラーレン570Sスプリント
個人オーナー向けのサーキットモデル「マクラーレン570Sスプリント」(画像:プレスイメージより)

マクラーレン570Sスプリントを発表。


マクラーレンは、2016年のグッドウッドフェスティバル・オブ・スピードでの初披露に合わせ、最新モデルとなる「マクラーレン570Sスプリント」を発表しました。

マクラーレン570Sスプリントは、「マクラーレンスポーツシリーズ」のラインアップの中で最もトラックに焦点を当てたモデルとなっており、オーナーがより走りを楽しめるために最適化されたレース仕様となっているようです。


マクラーレン570Sスプリントは個人でサーキット走行を楽しむためのモデルに。

マクラーレン570Sスプリント
マクラーレン570Sをベースにサーキット走行に特化させた仕様に。(画像:プレスイメージより)

今回マクラーレンが発表した新型「マクラーレン570Sスプリント」は、クーペモデルの570Sをベースにしたレーシングモデルとなっており、炭素繊維MonoCell IIシャーシを中心に構成され、ミッドマウント型3.8リッターツインターボV8エンジンを搭載、そのほか専用エアロパーツの装備やマグネシウム軽量ホイール、ロールゲージや消化器など、完全にサーキット仕様のレーシングカーとなっていますが、こちらのモデルの特徴は、チーム向けのマシンではなく「一般顧客向けの車両」という点です。

マクラーレン570Sスプリント
専用のエアロパーツ矢ホイールも採用。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン570Sスプリント
レーシングチーム向けの「570S GT4」の個人バージョン。(画像:プレスイメージより)
マクラーレン570Sスプリント
ビスポーク部門経由でさらにアップグレードも可能。(画像:プレスイメージより)

マクラーレンは、数ヶ月前に「570S GT4」というレース専用車を発表しており、この2台に共通点は多いですが、「570S GT4」の場合はレースに参戦するチーム向けに、今回発表された「570Sスプリント」は、個人オーナーがサーキット走行を楽しむことを前提にそれぞれ開発されたモデルとなっていて、同社のビスポーク部門「MSO」経由で顧客の希望に応じたカスタマイズやアップグレードも可能となっているとのことです。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。

2018年5月14日:諸事情により2018年の4月末より一時休止していた記事の新規投稿を5月14日より再開いたしました。



「Idea Web Tools」は2018年7月に運営開始から5周年を迎えました。
運営開始から2018年7月までの累計PV数は約1548万回、アクセスユーザー数は約612万5000人。多くの方々に当サイトのコンテンツを閲覧いただき感謝しております。