2017年8月28日月曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

限定車「ラ フェラーリ・アペルタ」がチャリティーオークションのために1台だけ追加生産。

限定車「ラフェラーリ・アペルタ」がチャリティーオークションのために1台だけ追加生産。
限定モデルとしてすでに完売した「ラ フェラーリ・アペルタ」が追加で1代だけ生産へ。

「ラ フェラーリ・アペルタ」を1台だけ追加生産してチャリティーオークションへ。


フェラーリのスペシャルシリーズとして「ラ フェラーリ」のオープンカーバージョンとして登場した「ラ フェラーリ・アペルタ」は、209台のみの限定生産モデルとなり、2016年に発表され、その後のパリモーターショーで初披露される時点で完売してしまっていたとされる希少なモデルで、新車はもちろん、中古車としても入手困難で高額で取引されているモデルですが、そんな「ラ フェラーリ・アペルタ」の新車がチャリティーオークションのために一台だけ追加で生産されるようです。


追加生産される210台目の「ラ フェラーリ・アペルタ」推定落札価格は約4億円以上?

限定車「ラフェラーリ・アペルタ」がチャリティーオークションのために1台だけ追加生産。
209台のみだった当初の生産台数に追加でチャリティーオークション向けに1台だけ生産。

RMサザビーズによると、2017年9月9日に競売にかけられるという210台目の「ラ フェラーリ・アペルタ」は、フェラーリの創業70周年記念として独特なカラーリングになるようで、推定落札価格は300万〜400万ユーロ、日本円にして約4億円から5億2000万円、その収益金は慈善団体へ寄付されるとのこと。

今回オークションへ出品される実際の車両がどのようなデザインなのかは不明ですが、本来であれば発表前の段階で完売してしまい新車として購入することのできない、しかも特別な「ラ フェラーリ・アペルタ」ということもあり、新車の自動車の価格としては桁外れの推定価格ですが、このクルマを本気で欲しいと考えている大富豪なコレクターにとっては注目の1台なのではないでしょうか?

限定車「ラフェラーリ・アペルタ」がチャリティーオークションのために1台だけ追加生産。
オークションの落札予想価格の時点で数億円単位ですが、一体いくらで落札されるのでしょうか?

ちなみに、クーペの「ラ フェラーリ」や「エンツォ・フェラーリ」でも、完売後に同じように追加で1台が生産されており、500台目の「ラ フェラーリ」はイタリアで発生した地震で被災した人々を支援するためのオークションに、400台目の「エンツォ」は、当時のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がチャリティーオークション向けにオーダーしたモデルとして存在しています。(※記事の写真は昨年フェラーリが発表した際のプレスリリースのものなので、オークションに登場するモデルとはカラーなどが異なる可能性があります)

関連記事
ラ フェラーリの限定オープン仕様「ラ フェラーリ・アペルタ」を初披露!
多数の貴重なスーパーカーがオークションで驚異的な落札価格に!ヨハネ・パウロ2世にフェラーリが贈ったエンツォも。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。

2018年5月14日:諸事情により2018年の4月末より一時休止していた記事の新規投稿を5月14日より再開いたしました。



「Idea Web Tools」は2018年7月に運営開始から5周年を迎えました。
運営開始から2018年7月までの累計PV数は約1548万回、アクセスユーザー数は約612万5000人。多くの方々に当サイトのコンテンツを閲覧いただき感謝しております。