2017年9月8日金曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

ランボルギーニ「アヴェンタドールSロードスター」を発表!「S」にオープントップバージョンが登場。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター
大幅改良モデルのオープン仕様「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」を発表。
(画像:プレスイメージより)

「アヴェンタドールS」にオープンカーの「ロードスター」が登場。


ランボルギーニは、9月に開催されるフランクフルトモーターショーに先駆け、「アヴェンタドールS」のオープンカーバージョンとなる「アヴェンタドールSロードスター」を発表しました。

2016年12月に発表されたアヴェンタドールの大幅改良モデル「アヴェンタドールS」のオープントップバージョンとなる「アヴェンタドールSロードスター」は、740HPのV12エンジンを搭載し、0-100km/hの加速はわずか3秒、最高速度は350km/hと公表され、取り外し可能な軽量ハードトップを備えているのが特徴です。


「アヴェンタドールSロードスター」は大幅に変更されたエクステリアや軽量ルーフが特徴。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター
2016年に登場したクーぺの「アヴェンタドールS」に続くロードスター。

今回発表された「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」は、6.5リットルV12エンジンを搭載し、最高出力740HP、最大トルク690Nmと、基本性能はクーペの「アヴェンタドールS」と同じとなっているものの、オープンカーとして空力特性を意識し、デザイン面でもクーぺとは異なった独自のスタイルに仕上げられており、アヴェンタドールSのクーぺは、0-100km/hの加速が2.9秒、最高速度は350km/hでしたが、スタイルの異なるオープンカーの「アヴェンタドールSロードスター」でも、0-100km/hの加速は3.0秒、最高速度は350km/hと、クーぺとほとんど変わらない世界でもトップレベルのパフォーマンスが公表されています。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター
ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター
クーぺとは異なった印象のエクステリアデザインも特徴です。
ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター
重量が6kg未満という軽量なカーボン製ルーフを搭載。
ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター
アヴェンタドールSロードスターのインテリア。Apple CarPlayにも対応。
ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター

また、特徴でもある着脱式のカーボン製ルーフの重量はわずか6kg未満で、素早く取り外してフロントトランクに収納することが出来るとのことで、このルーフパネルの内部仕様は標準でアルカンターラですが、オプションでアルカンターラよりも軽いランボルギーニのハイテクファブリックとなるカーボンスキンパッケージを選択することも可能で、カラーや素材でもともと5つ用意されているというインテリアの構成の他にも、顧客の要望に応じてカスタマイズ可能なAd Personamプログラムも提供されています。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター
9月に開催されるフランクフルトモーターショーで初披露され、納車開始は2018年2月を予定。

発表されたばかりの「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」について、最初の顧客への納車開始は2018年2月が予定されているとのことで、すでに日本での価格も発表されており、国内向けの希望小売価格は4996万9107円とアナウンスされています。

関連記事
ランボルギーニ「アヴェンタドールS」を発表!さらに進化した高性能モデルに。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。

2018年5月14日:諸事情により2018年の4月末より一時休止していた記事の新規投稿を5月14日より再開いたしました。



「Idea Web Tools」は2018年7月に運営開始から5周年を迎えました。
運営開始から2018年7月までの累計PV数は約1548万回、アクセスユーザー数は約612万5000人。多くの方々に当サイトのコンテンツを閲覧いただき感謝しております。